シルヴィア (バレエ)

シルヴィア
Sylvia, ou La nymphe de Diane
Sylvia -Preo -1901.JPG
イワノフ版 『シルヴィア』 でタイトル・ロールを演じるマリインスキー劇場のオリガ・プレオブラジェンスカヤ。1901年頃。
メラント版
構成3幕5場
振付L・メラント
作曲L・ドリーブ
台本
J・バルビエ
〔Jules Barbier〕
B・ド・ライナッハ
〔Baron de Reinach〕
美術
J・シェレ
〔Jules Chéret〕
A・リュベ
〔August Rubé〕
P・M・シャプロン
〔Philippe M. Chaperon〕
衣装
E・ラコスト
〔Eugène Lacoste〕
設定ギリシャ神話
初演1876年6月14日
パリ・オペラ座
主な初演者
【シルヴィア】
 R・サンガッリ
 L・マルケ[1]
エロス
 M・サンラヴィル
【アミンタ】
 L・メラント
Ballet-dancer 01.jpg ポータル 舞台芸術
Viola d'amore.png ポータル クラシック音楽
テンプレートを表示

シルヴィア』 (Sylvia, 原題 『シルヴィア、またはディアヌのニンフ』、: Sylvia, ou La nymphe de Diane) は、レオ・ドリーブ作曲、ルイ・メラント振付による3幕5場のバレエ作品。

原作はトルクァート・タッソの『アミンタ』(Aminta)。1876年6月14日、パリ・オペラ座で初演された。当時はそれほど有名にはならなかったが、1952年にフレデリック・アシュトンの振付で再演されて人気作品となった。

登場人物

主要人物

  • シルヴィア(Sylvia) - ディアナに仕える狩りの女神(ニンフ)。アミンタに恋心を抱かれる。
  • アミンタ(Aminta) - シルヴィアと恋仲になる純朴な羊飼いの若者。ディアナの若い恋人である羊飼いエンデュミオンと対比される。
  • エロス(Eros) - ギリシャの恋の神。尊敬と軽蔑の対象としてこのバレエの中で焦点を当てられる。
  • ディアナ(Diana) - 狩りと貞節を司るギリシャの女神。第3幕の バッカス祭が行われるのはディアナの神殿である。
  • オリオン(Orion) - 悪しき狩人。シルヴィアをつけ回し、連れ去る。

その他の登場人物

  • 狩りの従者 - シルヴィアの仲間の女性の狩人達。
  • ヤギ - 2頭のヤギがバッカスへの献げ物として生け贄にされかかるが、オリオンが起こした騒ぎにより助かる。
  • ナイアード
  • ドリアード
  • フォーン
  • 農民
他の言語で
Esperanto: Sylvia (baleto)
español: Sylvia (ballet)
Latina: Sylvia
Simple English: Sylvia (ballet)
中文: 希爾薇婭