シュワルツシルト解

一般相対性理論
アインシュタイン方程式
入門英語版
数学的定式化
関連書籍

アインシュタインによる一般相対性理論において、シュワルツシルト解(シュワルツシルトかい、: Schwarzschild solutionシュワルツシルト計量 Schwarzschild metricシュワルツシルト真空 Schwarzschild vacuum とも)とは、アインシュタイン方程式の厳密解の一つで、球対称で静的な質量分布の外部にできる重力場を記述する。ただし、電荷角運動量宇宙定数はすべてゼロとする。この解は太陽地球など、十分に自転の遅い恒星惑星が外部の真空空間に及ぼす重力を近似的に表わすことができ、応用されている。名称については、この解を1916年に初めて発表したカール・シュヴァルツシルトに由来する。

他の言語で