シャン・ド・マルスの虐殺

同日、コルドリエ・クラブで国民衛兵隊に発砲を命じるラファイエット

シャン・ド・マルスの虐殺 (: Fusillade du Champ-de-Mars) は、1791年7月17日にパリの練兵場に平和的示威行動のために集った5万人の大群衆に対して、解散を命じた国民衛兵隊が発砲した事件。それまでフランス革命を指導する立場だった司令官ラファイエットの人気凋落を決定づけた。またパリ市長バイイの処刑理由ともなった。ただし後述するように多くの犠牲者は出ておらず、虐殺事件が起こったという実態はないが、そう喧伝されて世論を動かしたことに意味があった。