シャンパーニュ

18世紀のシャンパーニュを、現在の県で分割し色分けした図

シャンパーニュフランス語: Champagne)は、フランスのかつての

由来

シャンパーニュという名称は、古いフランス語のCampagne(田舎)に由来する。それはルネサンス期に現れたイタリア風の二重語である[1]。今日では、広く開けた、チョーク質の地盤を持つ風景を特定する地名である[2]。殆どの場合は平原であるが、必ずしもそうではなく、シャンパーニュ・クレイユーズ地方の台地がよい例である。シャンパーニュは様々な地名や地方にその名を与えている。しかし最も有名なのは、かつて州であったこのシャンパーニュである。

シャンパーニュの名が初めて現れるのは1065年、ブロワ伯ティボー3世がシャンパーニュ伯となった時である。ティボー3世は甥のウードからシャンパーニュ、トロワモーの伯領を奪ったのである。

他の言語で
aragonés: Campanya
български: Шампан
català: Xampanya
čeština: Champagne
Deutsch: Champagne
Esperanto: Ĉampanjo
suomi: Champagne
한국어: 샹파뉴
occitan: Champanha
polski: Szampania
română: Champagne
русский: Шампань
srpskohrvatski / српскохрватски: Champagne (historijska provincija)
српски / srpski: Шампања
Türkçe: Champagne (il)
українська: Шампань