シャンカラ

シャンカラ

初代シャンカラ: आदि शङ्कर, Ādi Śaṅkara700年頃- 750年頃)は、 マラヤーリ人8世紀に活躍した中世 インドの思想家。 梵我一如思想[ 要出典]不二一元論アドヴァイタ)を提唱した。

概略

「神の御足の教師」として知られた彼は、アドヴァイタ・ヴェーダーンタ哲学の教義を強化した最初の哲学者であった。彼の教えは、原因を必要とせず存立するところの ブラフマン(梵)と、 アートマン(我)は同一であるという主張に基づいている [1]。スマートラの伝統において、 インド神話ではシャンカラは シヴァ神の異名である。

シャンカラは、講話と他の哲学者との議論を通して自身の教えを伝達するため、 インド各地を旅行した [1]。彼は、ポスト 仏教としての ヒンドゥー教とアドヴァイタ・ヴェーダーンタ哲学の布教の歴史の発展において、重要な役割を担う4つの僧院を設立した。

今日においても全てが現存しているという サンスクリットで書かれた彼の著書は、アドヴァイタ(非二元性)の教義を確立することに関するものである。しかし、300点を超える著作がシャンカラ著に帰せられているものの大部分は偽作と考えられている [1]。主な著作は、ヴェーダーンタ派の根本聖典に対する現存最古の注釈『ブラフマ・スートラ注解』である [1]。このほかシャンカラの真作と考えられる作品には『ブリハッド・アーラニヤカ』など、古ウパニシャッドに対する注解がある [1]。シャンカラは教えを説く際に、 ウパニシャッドや他の ヒンドゥー教の聖典の広範囲から引用をおこなった。独立した著作物で彼の真作と思われるものとして『 ウパデーシャ・サーハスリー』がある。これは、 サーンキヤ学派や仏教に近い立場からの批判に対する反駁を、その内容としている。

シャンカラは ヴェーダーンタの代表的な哲学者であるが、その思想は仏教との親近性が高いといわれる [2]。歴史的にみれば、彼は 仏教哲学をヴェーダーンタ哲学に吸収する役割を担ったともいえる。

他の言語で
العربية: آدي شانكارا
অসমীয়া: আদি শংকৰ
asturianu: Adi Shankara
azərbaycanca: Şankara
български: Шанкара
বাংলা: আদি শঙ্কর
català: Adi Xankara
čeština: Ádi Šankara
Deutsch: Shankara
English: Adi Shankara
Esperanto: Adi-Ŝankaro
español: Adi Shankara
فارسی: شانکرا
français: Adi Shankara
galego: Adi Shankara
गोंयची कोंकणी / Gõychi Konknni: Adi Shankara
עברית: שנקרה
magyar: Ádi Sankara
Հայերեն: Շանկարա
Bahasa Indonesia: Adi Shankara
italiano: Śaṅkara
қазақша: Шанкара
ಕನ್ನಡ: ಆದಿ ಶಂಕರ
한국어: 샹카라
Latina: Sankara
lietuvių: Šankara
latviešu: Ādi Šankara
Malagasy: Adi Shankara
Bahasa Melayu: Sankaracharya
Mirandés: Shánkara
नेपाल भाषा: आदि शंकर
Nederlands: Shankara
polski: Adi Śankara
português: Shânkara
română: Adi Shankara
русский: Шанкара
srpskohrvatski / српскохрватски: Adi Shankara
Simple English: Adi Shankara
slovenčina: Ádi Šankara
svenska: Adi Shankara
Türkçe: Adi Şankara
українська: Шанкара
Tiếng Việt: Adi Shankara
Winaray: Adi Shankara