シャルル (ブルゴーニュ公)

シャルル
Charles
ブルゴーニュ
Peter Paul Rubens 144.jpg
シャルル(1618年頃、ピーテル・パウル・ルーベンス画)
出生1433年11月10日
Ancient Flag of Burgundy.svg ブルゴーニュ公国 ディジョン
死去1477年1月5日
Flag of Lorraine.svg ロレーヌ公国 ナンシー
埋葬 
ブルッヘ聖母教会英語版
配偶者カトリーヌ・ド・フランス
 イザベル・ド・ブルボン
 マーガレット・オブ・ヨーク
子女マリー
父親フィリップ3世(善良公)
母親イザベル・ド・ポルテュガル
テンプレートを表示

シャルルCharles de Valois-Bourgogne, 1433年11月10日 - 1477年1月5日)は、ヴァロワ=ブルゴーニュ家の事実上最後のブルゴーニュ(在位:1467年 - 1477年)。Charles le Téméraire(シャルル・ル・テメレール シャルル勇胆公:豪胆公、無鉄砲公、突進公、猪突公、軽率公などとも訳されるが、仏語のニュアンスとしては「無謀な君主」といった侮蔑的な意味合いが強い)と呼ばれる。果たして彼は戦場に散り、ブルゴーニュ公の称号そのものは後代にも継承されたが、ヴァロワ朝フランス王国とも互角以上に渡り合うほどの栄華を誇ったブルゴーニュ公国はシャルルの死とともに崩壊した。

他の言語で
Afrikaans: Karel die Stoute
Alemannisch: Karl der Kühne
العربية: شارل الجريء
azərbaycanca: Cəsur Karl
беларуская: Карл Смелы
български: Шарл Дръзки
brezhoneg: Charlez an Her
čeština: Karel Smělý
Esperanto: Karlo la Brava
Bahasa Indonesia: Charles Martin
íslenska: Karl djarfi
ქართული: შარლ მამაცი
Nederlands: Karel de Stoute
română: Carol Temerarul
русский: Карл Смелый
slovenčina: Karol (Burgundsko)
slovenščina: Karel Drzni
српски / srpski: Карло Смели
West-Vlams: Karel den Stoutn
中文: 大膽查理