シャルル2世 (西フランク王)

{

カール2世/シャルル2世
Karl II./Charles II
ローマ皇帝
西フランク王
イタリア王
KarlII monks.jpg
在位 843年 - 877年(西フランク王)
875年 - 877年(イタリア王)
875年 - 877年(西ローマ皇帝)
出生 823年 6月13日
フランクフルト・アム・マイン
死去 877年 10月6日
サヴォワ
埋葬  
ナンテュアのち サン=ドニ修道院
配偶者 エルマントルド・ドルレアン
  リシルド・ド・プロヴァンス
子女 一覧参照
王家 カロリング家
王朝 カロリング朝
父親 ルートヴィヒ1世
母親 ユーディト・フォン・アルトドルフ
宗教 カトリック教会
テンプレートを表示

シャルル2世: Charles II, 823年 6月13日 - 877年 10月6日)は、 カロリング朝 西フランク王国の初代 国王(在位: 843年 - 877年)である。後にカール2世( : Karl II.)として ローマ皇帝 [1](西ローマ皇帝 [2] [3])を兼ねた(在位: 875年 - 877年)。禿頭王のシャルルフランス語: Charles le Chauve, ドイツ語: Karl der Kahle)と呼ばれる。

ルートヴィヒ1世(ルイ敬虔王)と2番目の妃 ユーディトの子で、 ロタール1世アキテーヌ王 ピピン1世、 フランク王 ルートヴィヒ2世の異母弟に当たる [4]

生涯

823年6月13日、 フランクフルト・アム・マインに生まれた。 840年にルートヴィヒ1世が没すると、 フランク王国ではロタール1世、ルートヴィヒ2世、そしてシャルル2世の3兄弟による領土をめぐっての争いが起こった。まず 842年、ルートヴィヒ2世との間で対ロタール1世の ストラスブールの誓いにより同盟を組んだ。翌 843年に3兄弟は王国の領土をそれぞれ分割することで統治することとなった。ロタール1世はフランク王国中部と皇帝位、ルートヴィヒ2世は 東フランク王国、そしてシャルル2世は西フランク王国という具合である。これが ヴェルダン条約である。しかし、国内の貴族勢力の統制に苦しみ、さらに ノルマン人ヴァイキング)の侵攻 [5]に苦しめられて、その治世は多難を極めた。

統治の初期には、 845年にブルターニュ公ノミノエ(Nominoë)によって建国されたブルトン軍に バロンの戦い英語版ルドン近郊のブルターニュ東部、国境付近)で敗れ、 851年に再び ジャングランの戦い英語版でブルターニュ公エリスポエ(Erispoë)軍に敗れブルターニュの独立を承認した。

869年、兄のロタール1世(ロタール1世は 855年に死去)の子の ロタール2世が死去すると、シャルル2世は同年9月9日 メッツのステファヌス教会で ロタリンギア王として戴冠された [6] [7]。しかし、その翌年、東フランク王ルートヴィヒ2世がロタリンギアに対する相続権を主張したため、シャルル2世は東フランク王ルートヴィヒ2世と再び領土交渉を行ない、 870年にロタリンギアを中心とした兄の遺領を分割し、 ロートリンゲン西部と プロヴァンスを獲得した。兄の遺児でロタール2世の後を継いだ ルートヴィヒ2世(ルイ2世)には、 イタリアの領有と皇帝位のみを認めている。これを、 メルセン条約という。こうしてここに、現在の フランス、イタリア、 ドイツのもとが作られたのである。そして 875年、皇帝ルートヴィヒ2世が死ぬとすかさずイタリアに侵攻して同地を併合し、教皇 ヨハネス8世の支持を得て、同年クリスマスの日に皇帝カール2世として戴冠を受けた [8]

876年、兄の東フランク王ルートヴィヒ2世が死去した。遺領は兄の三子に分割相続されることが決定していたが、シャルル2世はこの機に領土拡大をもくろみ、アーヘン、ケルンと侵攻した。しかし同年10月8日、 ルートヴィヒ3世を中心とした三子の連合軍にアンデルナハの戦いで敗北した [9]

877年、反対勢力の鎮圧のためイタリアに入ったものの、甥の東フランク王 カールマンの大軍がアルプスを越え近づいてきたため撤退したが、その帰国の途中、10月6日 サヴォワで死去した [10] [11]。54歳没。後を子の ルイ2世(吃音王)が継いだ。

他の言語で
Alemannisch: Karl der Kahle
العربية: شارل الأصلع
asturianu: Carlos el Calvu
беларуская: Карл II Лысы
беларуская (тарашкевіца)‎: Карл II Лысы
български: Карл II Плешиви
brezhoneg: Karl Voal
čeština: Karel II. Holý
Cymraeg: Siarl Foel
español: Carlos el Calvo
فارسی: شارل تاس
Gaeilge: Séarlas Maol
Bahasa Indonesia: Karl yang Botak
italiano: Carlo il Calvo
ქართული: შარლ II მელოტი
Lëtzebuergesch: Charles de Plakapp
македонски: Карло Ќелавиот
Nederlands: Karel de Kale
русский: Карл II Лысый
srpskohrvatski / српскохрватски: Charles II od Francuske
Simple English: Charles the Bald
slovenščina: Karel Plešasti
српски / srpski: Карло Ћелави
Türkçe: Dazlak Karl
українська: Карл II Лисий
Tiếng Việt: Charles Hói
West-Vlams: Karel den Kletsn
Yorùbá: Charles 1k
中文: 秃头查理
Bân-lâm-gú: Charles 2-sè
粵語: 光頭查理