シャドウラン

シャドウラン (Shadowrun) は アメリカ合衆国のアナログゲーム・レーベル、 FASAコーポレーション1989年に発表した テーブルトークRPGシステムの1つ。「古代の魔法が蘇った近未来SF世界」を舞台にしたゲームで、 サイバーパンクファンタジー双方のジャンルを融合させた背景世界を持つ。 シェアード・ワールド化され、アメリカでは数多くの小説やゲームが作られている。また、日本でも断続的にその一部が展開されている。

「シャドウラン」(shadowrun)とは、「非合法、あるいは少なくとも合法とは断言できないような一連の活動」を意味する。どのような理由によるものであれ、高額の報酬と引き換えにハイリスクな依頼を引き受けてこの一連の反合法的活動に従事する者達のことを、本作品シリーズではシャドウランナー (shadowrunner) と呼ぶ。

権利関係

FASAコーポレーションが第3版展開中に倒産した後は、ドイツの WizKids社が権利を保有し、 FanPro LLC社が製品開発を担当、第3版後期から第4版の初期まではFanProによって展開されていた。しかし現在はさらに権利が Catalyst Game Labs社に移行しており、現在同CatalystがShadowrunシリーズの製品開発を進めている。

日本では、第2版の日本語訳にあたるシャドウラン日本語版が1994年 富士見書房より刊行され、90年代は グループSNEによるリプレイ、サプリメント、小説などのサポートが行われていた。当時の日本語版責任者はグループSNEの 江川晃である。富士見書房のTRPG事業が縮小するに伴い製品の販売・サポートは停止した。また、第3版の展開については日本の出版社ではほとんどフォローされなかった。

しかし2007年、改めて第4版の日本語訳が 新紀元社より出版された。翻訳はグループSNEに替わって、 新紀元社とゲーム・デザイナーの 朱鷺田祐介が中心となって第4版を翻訳出版している。Catalystとの交渉も、彼らがそのまま引き継いでいる。

2011年06月、アークライト社とCatalyst社との間で正式な長期契約が締結され、 [1] 2011年~2015年の間にすでに英語圏で発売された『20周年記念エディション』(Twentieth Anniversary Edition)及びShadowrun第四版に準ずる拡張ルール五冊(正確には以前翻訳出版された『ストリート・マジック』後の4冊)が翻訳刊行された。

他の言語で
čeština: Shadowrun
Deutsch: Shadowrun
English: Shadowrun
español: Shadowrun
suomi: Shadowrun
français: Shadowrun
עברית: מרוצללים
italiano: Shadowrun
lietuvių: Shadowrun
Nederlands: Shadowrun
polski: Shadowrun
português: Shadowrun
svenska: Shadowrun