シャクティ派

シャクティ派(性力派, シャークタ派)は、ヒンドゥー教における宗派の1つ。

シャクティ」とは「エネルギー、力」とりわけ「性力」を意味する。

シヴァ派から派生した宗派で[1]シヴァ神の妃の性力(シャクティ)に対する崇拝を特徴とする。

ヨーガが依拠するチャクラ理論において、会陰(肛門と性器の狭間)にあるチャクラ「ムーラーダーラ」に眠るシャクティ(性力)のことを「クンダリニー」と呼ぶが、これは伝統的にはシヴァ神の妃と同一視され、「とぐろを巻いた蛇」として表現される[2]。(そして、シヴァ神の座所である頭頂のチャクラ「サハスラーラ」へとその蛇を上昇させて行き、合一させることが目指される。)

このように、シャクティ派は、ヨーガの実践やチャクラ理論との結び付きが強く、タントラ教(タントリズム)、特にその左道[3]の主要な担い手となり、仏教の後期密教にも大きな影響を与えている。

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ シャクティ派とは - コトバンク/世界大百科事典
  2. ^ シャクティとは - コトバンク/世界大百科事典
  3. ^ 左道とは、「邪道」の意。インドの宗教を語る文脈では、性的な傾倒を見せる態度を指す。
他の言語で
Afrikaans: Shaktisme
العربية: شاكتية
অসমীয়া: শাক্তধৰ্ম
azərbaycanca: Şaktizm
català: Xactisme
čeština: Šaktismus
Deutsch: Shaktismus
English: Shaktism
eesti: Šaktism
euskara: Shaktismo
suomi: Shaktismi
français: Shaktisme
हिन्दी: शाक्त
hrvatski: Šaktizam
magyar: Saktizmus
Bahasa Indonesia: Sakta
italiano: Śaktismo
ಕನ್ನಡ: ಶಾಕ್ತ ಪಂಥ
한국어: 샥티파
lietuvių: Šaktizmas
മലയാളം: ശാക്തേയം
Nederlands: Shaktisme
norsk: Shaktisme
polski: Śaktyzm
português: Shaktismo
русский: Шактизм
slovenčina: Šaktizmus
svenska: Shaktism
தமிழ்: சாக்தம்
Türkçe: Şaktizm
українська: Шактизм
اردو: شکتی مت
მარგალური: შაკტიზმი
中文: 沙克達教