シノーペー

現在のスィノプ

シノーペー ( 古希: Σινώπη, Sinōpē) は、 ギリシア神話の女性である。 長母音を省略してシノペとも表記される。 黒海南岸の都市 シノーペー(現 トルコのスィノプ)の 名祖とされる。

河神 アーソーポスメトーペーの娘、もしくは アレースアイギーナの娘。

アルゴナウティカ』等によると、 ゼウスに愛され、シノーペーの地に攫われた。何でも1つ願いをかなえると言われたが、 処女性を守ることを願った。そのためゼウスは手を出せず、そのままシノーペーの地に住まわせた。その後、 アポローンや ハリュスも求愛したが退けられた。

ただし コリンナ等によると、アポローンによりシノーペーの地に攫われ、彼との間に息子 シュロス( シリア人と 算術の祖)を産んだ。

木星(ゼウス)の衛星 シノーペは彼女にちなんで名づけられた。

他の言語で
español: Sinope
lietuvių: Sinopė
português: Sinope (mitologia)
русский: Синопа
Türkçe: Sinope