サーンキヤ学派

カピラとアムスマン王

サーンキヤ学派(サーンキヤがくは、: साङ्ख्यदर्शनम्、Sāṅkhya-darśana)とは、インド哲学の学派のひとつで、六派哲学の1つに数えられる。世界の根源として、精神原理であるプルシャ(神我[1]、自己[2])と物質原理であるプラクリティ(自性[1]、原質[2])という、2つの究極的実体原理を想定する。厳密な二元論であり、世界はプルシャの観照を契機に、プラクリティから展開して生じると考えた。

サーンキヤ学、あるいはサーンキヤとも。またSāṅkhya(サーンキヤ)は「数え上げる」「考え合わせる」という意味で、数論派数論学派とも[注釈 1]

また、夏目漱石に影響を与え、無関心こと非人情をテーマにした実験的小説『草枕』が書かれた[2]

他の言語で
العربية: سامخيا
azərbaycanca: Sankhya
भोजपुरी: सांख्य
বাংলা: সাংখ্য
català: Samkhya
čeština: Sánkhja
dansk: Samkhya
Deutsch: Samkhya
English: Samkhya
español: Sāṃkhya
suomi: Samkhya
français: Sâmkhya
magyar: Szánkhja
հայերեն: Սանքհյա
Bahasa Indonesia: Samkhya
italiano: Sāṃkhya
ಕನ್ನಡ: ಸಾಂಖ್ಯ
한국어: 삼키아 학파
lietuvių: Sankhja
മലയാളം: സാംഖ്യം
नेपाल भाषा: सांख्य
Nederlands: Samkhya
norsk: Samkhya
polski: Sankhja
português: Sânquia
русский: Санкхья
संस्कृतम्: साङ्ख्यदर्शनम्
slovenčina: Sánkhja
svenska: Samkhya
українська: Самкх'я