サーマ・ヴェーダ

『サーマ・ヴェーダ』Sāmaveda, सामवेद)は、バラモン教の聖典であるヴェーダの一つ。

概要

祭式において旋律にのせて歌われる讃歌(sāman)を収録したもの。 歌詠を司るウドガートリ祭官(udgātṛ)によって護持されてきた。

讃歌の多くは『リグ・ヴェーダ』に、一部は他のヴェーダ文献に材を取っており、オリジナルのものは少ない。 が、インド古典音楽の源流として貴重な資料であり、声明にも影響を及ぼしている。

伝承によれば、『サーマ・ヴェーダ』はかつて1000の流派に分かれていたというが、現在は3派のものが文献として残っている。三派の詩の数は、それぞれ585、1225、58篇あるが、重複部分もある。

『サーマ・ヴェーダ』の本文であるサンヒターは、讃歌の歌詞のみを収録したアールチカ(ārcika)と、符号を用いて旋律や音節の長短、反復なども示したガーナ(gāna)に分類される。

他の言語で
অসমীয়া: সামবেদ
беларуская: Сама-Веда
беларуская (тарашкевіца)‎: Сама-Веда
भोजपुरी: सामवेद
বাংলা: সামবেদ
Deutsch: Samaveda
English: Samaveda
Esperanto: Samavedo
español: Sāmaveda
فارسی: ساماودا
français: Sama-Véda
ગુજરાતી: સામવેદ
magyar: Számavéda
Bahasa Indonesia: Samaweda
italiano: Sāmaveda
Basa Jawa: Samawéda
ಕನ್ನಡ: ಸಾಮವೇದ
Latina: Samaveda
lietuvių: Samaveda
मैथिली: सामवेद
മലയാളം: സാമവേദം
मराठी: सामवेद
Bahasa Melayu: Sama Veda
नेपाली: सामवेद
नेपाल भाषा: सामवेद
Nederlands: Samaveda
norsk: Samaveda
ଓଡ଼ିଆ: ସାମବେଦ
ਪੰਜਾਬੀ: ਸਾਮਵੇਦ
polski: Samaweda
پنجابی: سام وید
português: Samaveda
русский: Самаведа
संस्कृतम्: सामवेदः
Simple English: Samaveda
slovenčina: Sámavéda
slovenščina: Samaveda
svenska: Samaveda
தமிழ்: சாம வேதம்
తెలుగు: సామవేదము
Türkçe: Samaveda
українська: Сама-веда
اردو: سام وید
中文: 娑摩吠陀