サンバル

アンチョビ入りのサンバル

サンバルインドネシア語: sambalsambel)は、インドネシア料理マレー料理に用いられる辛味調味料。サンバルソースともいう。チリソースの一種。辛いものから甘いものまで様々な味があり、市販品にはシーフード味など多岐に渡る。油で炒めて作るサンバルゴレン(Sambal goreng)が広く一般的であるが、生で調理するサンバルマタ(Sambal matah)もある。 南インド料理サンバール(sambar、sambhar、sambaaru、サンバー、サンバルとも)とは関係がない。しかし、日本語では l と r を区別できないので混同されやすい。

製法

チャベ(トウガラシ)・バワンメラ(小粒の赤たまねぎ)・バワンプティ(ニンニク)などを主体にコショウトラシエビの発酵品)やトマトなど石臼で挽きペースト状にして、サラダ油で炒める。仕上げにライムなどで香りをつける。包丁で材料を刻み、手でよくもみ込んで生で食べる事もある。地域や家庭によりそれぞれで、材料・調理法ともに異なりこれといった決まりは無い。

他の言語で
čeština: Sambala
Deutsch: Sambal
English: Sambal
Esperanto: Sambalo
español: Sambal
français: Sambal (cuisine)
עברית: סמבל
Bahasa Indonesia: Sambal
italiano: Sambal
Basa Jawa: Sambel
한국어: 삼발
Bahasa Melayu: Sambal
Nederlands: Sambal
polski: Sambal
português: Sambal
slovenščina: Sambal
Basa Sunda: Sambel
svenska: Sambal
தமிழ்: சம்பல்
中文: 參巴醬