サンタ・マリア号

サンタ・マリア号(レプリカ)
サンタ・マリア号(レプリカ)

サンタ・マリア号(サンタ・マリアごう、 西: La Santa María de la Inmaculada Concepción)は、 1492年クリストファー・コロンブスによる初の 大西洋横断 航海のときに使われた3隻の 帆船のうちの最大の船。

概要

ナオ船(スペインで建造された キャラック船の一種)と呼ばれる型の帆船で、長さ約70 フィート(18メートル)、甲板と3本のマストを備えていた。大西洋を無事に横断しバハマ諸島に到達したが、探検の途中、 1492年 12月24日イスパニョーラ島で座礁し解体され、使える木材は要塞の資材として使用された。

この航海で用いられた他の2隻は キャラベル船ニーニャ号ピンタ号であるが、3隻のいずれもが中古船で、探検を目的として建造されたものではなかった。

船名はスペイン語で「 処女降誕 聖マリア」を意味する。なお、当初は「マリガランテ( 娼婦)号」という名で建造されていた。しかし新航路発見の旅路にふさわしくないとコロンブスの意見によりサンタマリアに改名された経緯がある。

武装はボンパルダ( 射石砲/ 臼砲)や デミ・カルバリン砲などを2-4門装備していたらしいが、正確な数は不明である。更にブルワーク上に6門程度の 旋回砲も設置されていた [1]

他の言語で