サンクチュアリ (フォークナー)

サンクチュアリ
著者ウィリアム・フォークナー
原題Sanctuary
アメリカ合衆国
言語英語
ジャンル南部ゴシック小説
出版社ジョナサン・ケープ、ハリソン・スミス
出版日1931年
出版形式ハードバック

サンクチュアリ』(原題: Sanctuary)は、アメリカ合衆国の小説家ウィリアム・フォークナー小説である。フォークナーの作品の中では、強姦をテーマにしたこともあって議論を多く呼んだものである。1931年パリのブラック・サン・プレスでまず出版され、売れ行きも書評も飛躍的に伸展し、フォークナーの文学的名声を確立させた。フォークナー自身はこの作品を金儲けのためだけに書いた「粗悪品」と呼んだが、このことは学者やフォークナー自身の親友から議論されてきた。1933年に『テンプル・ドレイク物語』として映画化されたが、映画制作倫理規定を満足しておらず、著作権の問題で登場人物のポパイはトリッガーという名前に変えられた。この作品はフォークナーが創造したヨクナパトーファ郡ミシシッピ州)を舞台にし、時代設定は禁酒法(1919年-1933年)時代の1929年5月と6月になっている。