サマリアの女

キリストとサマリアの女
ヨーゼフ・フォン・ヘンペル(19世紀)

サマリアの女(サマリアのおんな、英語: Samaritan woman at the well)は新約聖書ヨハネによる福音書(4:1-42)に登場するサマリア人の女。サマリヤの女とも表記される。彼女は、サマリアにあるヤコブの井戸のほとりでイエスと会話をし、この人が来るべきメシアかもしれないと思った。

他の言語で