サターンI

サターンI
SA-1 launch.jpg
使用目的有人月飛行計画の準備
製造クライスラー (S-I)
ダグラス (S-IV)
コンベア (S-V) ※実現せず
規格
全高55m
直径6.52m
重量509,660kg
搭載能力
低軌道9,000kg
月軌道2,200kg
履歴
初飛行1961年10月27日
最終飛行1965年7月30日
主な搭載物アポロ司令・機械船(模型)、ペガサス衛星
第一段 (S-I)
エンジンH-1 8基
推力6.7MN(679.5トン
燃焼時間150秒
燃料 / 酸化剤ケロシン / 液体酸素
第二段 (S-IV)
エンジンRL-10 6基
推力400kN(40.77トン)
燃焼時間482秒
燃料 / 酸化剤液体水素 / 液体酸素
第三段 (S-V) ※実現されず
エンジンRL-10 2基
推力133kN(13.59トン)
燃焼時間430秒
燃料 / 酸化剤液体水素 / 液体酸素

サターンI英語ではサターン・ワンと発音される。日本ではサターン1型(さたーんいちがた)ロケットと呼ばれるのが一般的である)は、アメリカ合衆国が特に地球周回軌道に衛星を乗せることを目的に開発した初めてのロケット(宇宙専用機)である。第一段は、新規に大きなエンジンを開発するのではなく、すでに完成されている小さいロケットエンジンを組み合わせる (clustered) ことによって大推力を発生させていることが特徴である。このクラスター方式は「技術の停滞だ」と批判されたこともあったが、サターンはこの方式が、より手堅くて融通のきくものであることを実証してみせた。

サターンIは、元々は1960年代において全世界を射程圏内に収める軍用ミサイルとなるべきはずのものであったが、実際には10機のみが、より強力な第二段ロケットを搭載したサターンIBが登場するまでの短期間、アメリカ航空宇宙局 (NASA) によって使用されただけだった。

他の言語で
العربية: ساتورن I
български: Сатурн I
català: Saturn I
čeština: Saturn I
dansk: Saturn I
English: Saturn I
español: Saturno I
euskara: Saturn I
suomi: Saturn I
français: Saturn I
galego: Saturno I
עברית: סטורן 1
hrvatski: Saturn I
magyar: Saturn I
Bahasa Indonesia: Saturn I
italiano: Saturn I
Bahasa Melayu: Saturn I
polski: Saturn I
português: Saturno I
русский: Сатурн-1
slovenčina: Saturn I
svenska: Saturn I
українська: Сатурн-1