サガ

サガアイスランド語: saga 複数形: sögur)は、おもに 中世 アイスランドで成立した 古ノルド語(古北欧語、古アイスランド語とも)による 散文作品群の総称。同時代に書かれた エッダ詩ゲルマン民族の神話や英雄伝説を題材にしているのに対し、サガは ノルウェーやアイスランドで起きた出来事を題材にしたものが多いことに特徴があり、約200点が現代に伝わっている。

転じて、 フィクションにおいて、一家一門の物語を壮大に描く長編の叙事小説 [1]ファンタジー作品、 叙事詩的映画などがサーガと呼ばれたり、そのようなタイトルを称することがある(『 グイン・サーガ』、『 ニュームーン/トワイライト・サーガ』、『 ゼノサーガシリーズ』など。)。

語源

サガは古アイスランド語のsegja(「言う」を意味する動詞で、 英語のsay, ドイツ語のsagenに相当する)から派生した言葉であり、「語られたもの、語り物、 物語」を意味する [2]

他の言語で
العربية: ساجا
مصرى: ساجا
azərbaycanca: Saqa
беларуская: Сага
беларуская (тарашкевіца)‎: Сагі
български: Сага
বাংলা: সাগা
brezhoneg: Saga
Cymraeg: Saga
dansk: Saga
English: Saga
Esperanto: Sagao
eesti: Saaga
euskara: Saga
suomi: Saaga
Võro: Saaga
français: Saga
עברית: סאגה
hrvatski: Saga
magyar: Saga
Հայերեն: Սագա
Bahasa Indonesia: Saga
Ido: Saga
italiano: Saga
Basa Jawa: Saga
қазақша: Сага
한국어: 사가 (문학)
latviešu: Sāgas
кырык мары: Сага
Nederlands: Saga (literatuur)
norsk nynorsk: Saga
occitan: Saga
português: Saga (literatura)
română: Saga
русский: Сага
Scots: Saga
srpskohrvatski / српскохрватски: Saga
Simple English: Saga
slovenčina: Sága (literatúra)
српски / srpski: Сага (књижевност)
Türkçe: Saga
українська: Сага