コーノ・スール

ダーク・グリーン: どの文脈でもコーノ・スールに含まれるとされる地域。ミディアム・グリーン: 一般的にコーノ・スールに含まれるとみなされる地域。ライト・グリーン: 領土の一部でもコーノ・スールに含まれる国全土を塗りつぶしたもの。

コーノ・スールスペイン語: Cono Sur, ポルトガル語: Cone Sul, 英語: Southern Cone)は、南回帰線以南の南アメリカ大陸の南端部を指す地理的範囲。日本語に直訳すれば「南の角」である。社会地理学また政治地理学の観点から、アルゼンチンチリウルグアイが含まれる。これに加え、共通の歴史や地理的要因からボリビアパラグアイ南部、ブラジル南部・南東部のいくつかの州を含むこともある。ブラジルを例に取れば、リオ・グランデ・ド・スル州サンタ・カタリーナ州パラナ州サンパウロ州が該当する。

言語

主に話される言語はスペイン語(カスティーリャ語)である。これは、16世紀から19世紀までスペインの植民地支配下にあったことによる。またもしブラジルを含めて考えるなら、ポルトガル語が僅差の2位となる。

アルゼンチンからブラジル南部にかけての都会でない地域にあるコミュニティでは、イタリア語(ほとんどがイタリア北部方言。ヴェネツィア方言など)が話される。ドイツ語の方言が何種か、おもにブラジル南部、アルゼンチン南部、チリ南部で話されている。

ある調査によればリオプラテンセ・スペイン語、なかでもブエノスアイレス方言は、イタリア語の方言に似た抑揚のパターンをもち、他地域のスペイン語におけるそれとは明確な違いがあるという。[1]これはこの地域に入ってくる移民のパターンをよく反映している。アルゼンチン、特にブエノスアイレスは、19世紀以来膨大な数のイタリア系移民を受け入れてきたからである。この調査を行った研究者によれば、これは比較的最近の現象であって、20世紀初頭のイタリア系移民ブームに端を発するものである[2]

これに加え、イギリスとアルゼンチンの間の紛争地域であるフォークランド諸島(19世紀以来イギリスが実効支配しており、イギリス系居住者がいる)では英語が話されている。アルゼンチンでは、パタゴニア地域に入植したウェールズ系イギリス人の移民の子孫によってウェールズ語が話されている。ブラジル南東部には日本語を話すコミュニティがあり、主要都市には韓国語話者がいる。またポルトゥニョール・リヴェレンセがブラジルを囲む国境地域で話されている。これはブラジルポルトガル語とスペイン語のピジン言語である。

この他にインディヘナの言語がある。マプドゥングン語(マプーチェ語)やグアラニー語など、アメリカ先住民のグループが話すものである。マプドゥングン語は南アルゼンチンのパタゴニアと、チリで使われている。グアラニー語はパラグアイの公用語のひとつである。また、アルゼンチン北東部に位置するコリエンテス州・ミシオネス州でも、スペイン語とともに公用語として使用されている。

とはいえ、圧倒的な多数派はカスティーリャ語(アルゼンチン、チリ、ウルグアイ)とポルトガル語(ブラジル)を第一言語として話す。これは近年流入している移民も同様である[3]

他の言語で
العربية: مخروط جنوبي
asturianu: Conu Sur
беларуская: Паўднёвы Конус
bosanski: Južna kupa
català: Con Sud
Deutsch: Südkegel
English: Southern Cone
Esperanto: Suda Konuso
español: Cono Sur
euskara: Hego Konoa
français: Cône Sud
hrvatski: Južni konus
Bahasa Indonesia: Kerucut Selatan
íslenska: Suðurkeilan
italiano: Cono Sud
Basa Jawa: Corong Kidul
한국어: 코노 수르
lietuvių: Pietų kampas
Bahasa Melayu: Kerucut Selatan
Nederlands: Zuidkegel
occitan: Còn Sud
ਪੰਜਾਬੀ: ਦੱਖਣੀ ਕੋਨ
português: Cone Sul
română: Conul Sudic
русский: Южный конус
srpskohrvatski / српскохрватски: Južna kupa
Simple English: Southern Cone
Türkçe: Güney Konisi
українська: Південний конус
中文: 南錐體