コントレラスの戦い

コントレラスの戦い
Battle of Contreras
Battle of Contreras 1847.jpg
コントレラスの戦い
戦争米墨戦争
年月日1847年 8月19日-20日
場所メキシコシティ連邦地区
結果:アメリカ軍の勝利
交戦勢力
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Bandera Histórica de la República Mexicana (1824-1918).svg メキシコ合衆国
指導者・指揮官
ウィンフィールド・スコット ガブリエル・バレンシア
戦力
8,500名 5,000名
損害
戦死または負傷300名 戦死700名
ホセ・フロンテーラ将軍†
負傷1,224名 [1]
捕虜843名
ガブリエル・サラス、ニコラス・メンドーサ、サンティアゴ・ブランコ各将軍を含む、
捕獲された大砲22門、武器1,000、幾つかの軍旗も失った。
米墨戦争

コントレラスの戦い(コントレラスのたたかい、英:Battle of Contreras、またはパディールナの戦い、英:Battle of Padierna)は、 米墨戦争の最後の会戦として 1847年 8月19日から20日に行われた戦闘である。翌日の チュルブスコの戦いに繋がった。

背景

ウィンフィールド・スコット指揮下の アメリカ陸軍メキシコシティへの行軍中に、「エル・ペニョン」(現在のメキシコシティ空港近く)で強力な メキシコ軍が北の道を塞いでいるのが分かった。

スコットはメキシコシティの南西「ペーニャ・ポブレ」で陣を布き、ザカテペット・ヒルから溶岩平原である「ペドレガル」を越えて西に、サン・ヘロニモの町へ1軍を派遣し、コントレラスの「ランチョ・パディールナ」でバレンシアのメキシコ軍陣地側面を衝こうとした。メキシコ軍司令官で大統領の アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナは ガブリエル・バレンシア将軍に「北部軍」約5,000名を付けてアメリカ軍の側面を衝くために派遣した。

コントレラスあるいはパディールナの戦いは1947年8月19日に始まり、メキシコシティの郊外パディールナで8月20日の夜明けに頂点に達した。パディールナは近郷のサン・アンジェル、コントレラスおよびトラルパンの中にある(現在はサン・ヘロニモ、近郷のヒーローズ・オブ・パディールナ、アンザルド・ダム周辺の地域と、皮肉なことにメキシコシティの「プラシッド(平静な)・ガーデン」と呼ばれる地域の間にある)。

一般にこの戦闘は、メキシコ指導者によってあきれるような戦闘が行われた小規模なものと見なされている。指導層を分裂させる裏切りや諍いがあったとしても、戦場における戦士たちの勇気については疑いもなく、またメキシコ側指導者の作戦が良ければ、戦争終盤を意義ある形で変化させることのできたであろう戦闘だった。

他の言語で