コンス

コンス

コンス (Khons, Chons) は エジプト神話テーベでは、 アメンムト息子として、また コム・オンボにおいては、 セベクハトホル息子として三柱神の1柱を担う。

  • 概要

概要

主に子供、 幼児の髪型をした ミイラ、また ホルスと同じ の頭を持った姿で描かれる。 の神である事から、どちらの姿で描かれる場合であっても 三日月満月を組み合わせたものが頭飾りとして描かれる。

アメン、ムトと共にテーベ三柱神と構成した。その名は、「横切る者」を意味し、父アメンの乗る太陽の船に対して月の船を持ち夜に天空を移動すると考えられた。子供の姿から新生児を守護するとも、月の神であることから夜に三日月の刃を振るい罪人に制裁を与える恐ろしい神とも言われる。また同じ月の神 トトに関係して暦を司るとも考えられた。

テーベ(ルクソール)カルナック神殿にコンス神殿がある。

ヒエログリフによるKhons
Aa1
N35
O34
M23 G43 G7
他の言語で
Afrikaans: Chonsoe
Alemannisch: Chons
العربية: خونسو
مصرى: خنسو
azərbaycanca: Xonsu
български: Хонсу
বাংলা: খোংশু
brezhoneg: C'honsou
català: Khonsu
čeština: Chonsu
dansk: Khonsu
Deutsch: Chons
Ελληνικά: Χονσού (θεός)
English: Khonsu
Esperanto: Ĥonsu
español: Jonsu
euskara: Khonsu
فارسی: خونس
suomi: Khonsu
français: Khonsou
עברית: ח'ונסו
हिन्दी: खूंसू
hrvatski: Khonsu
magyar: Honszu
italiano: Khonsu
ქართული: ხონსუ
한국어: 콘수
lietuvių: Chonsas
македонски: Консу
മലയാളം: ഖോൻസു
Bahasa Melayu: Dewa Khons
Nederlands: Chons
norsk: Khonsu
occitan: Khonso
polski: Chonsu
português: Khonsu
română: Khonsu
русский: Хонсу
Scots: Khonsu
سنڌي: خونسو
srpskohrvatski / српскохрватски: Konsu
Simple English: Khonsu
slovenčina: Chons
slovenščina: Honsu
српски / srpski: Консу
svenska: Khonsu
Türkçe: Khons
українська: Хонсу
اردو: خونسو
Tiếng Việt: Khonsu
მარგალური: ხონსუ
中文: 孔斯