コンジェスチョン・チャージ

コンジェスチョン・チャージ英語: Congestion charge混雑課金)とは、渋滞緩和目的の道路課金(ロードプライシング)のことである。渋滞税とも訳される。本稿はロンドン市内で実施されているシステムについて述べる。

導入の経緯

ロンドン市内では渋滞が日常茶飯事となっており、その酷さはロンドン市内の自動車の平均速度が、ビクトリア朝時代の馬車の速度と変わらないほどである。そこで2003年2月17日ロンドン市長ケン・リヴィングストン (Ken Livingstone) がロンドン市内の渋滞緩和と公共交通機関の利用促進のために導入した。