コウイカ目

コウイカ
Sepia latimanus (Reef cuttlefish) dark coloration.jpg
東ティモール コブシメ英語版
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 頭足綱 Cephalopoda
上目 : 十腕形上目 Decapodiformes
: コウイカ目 Sepiida
和名
甲烏賊
墨魚
亜目

コウイカ: Cuttlefish甲イカ甲烏賊)は( イカタコオウムガイが属する) 頭足 の、コウイカ 海洋生物である。最近の研究によると、コウイカは 無脊椎動物の中でももっとも知能が高い部類に属する [1]。さらに、全身に占める脳のサイズが無脊椎動物の中で最も大きいと指摘されている [1]

"cuttlefish" という名前は、 古英語cudele に由来するかもしれない。その語はさらに、座布団や睾丸を意味する1400年代の ノルウェー語 koddi、およびコウイカの形状を小袋と文字通り表現した中世 ドイツ語 kudel から由来している。"fish"が付くため、英語圏では魚と誤解する者もいる。 ギリシャ・ローマ世界英語版では、コウイカが驚いた時に呼吸管から排出する独特の茶色い顔料を得るため、コウイカは珍重された。それゆえ、 ギリシャ語ラテン語で軟体動物の呼吸管 (siphon) を指す sepia(のちの イタリア語seppia)は、英語で顔料の一種である セピアを指すようになった。

コウイカの外套膜の後端は丸いドーム状になっており、外套膜の全側縁もしくは後ろ寄りに丸い耳形のヒレを持つ [2]。体内に殻( イカの骨)があり、大きなW型の 瞳孔を持つ。また8本の 触手と2本の 触腕を持ち、それらには 捕食を確実にするための小歯状突起がついた 吸盤がある。コウイカの一般的な大きさは15-25cmであり、最も大型の種となる オーストラリアコウイカでは 外套膜が50cm、体重10.5kgに達する [3]

コウイカは徹底した肉食であり [4] [5]、食べるのは小型の 軟体動物甲殻類タコ環形動物のたぐい、および他のコウイカである。コウイカを捕食するのは イルカサメ、魚、 アザラシ、および他のコウイカである。コウイカの寿命はおよそ1〜2年である。

野生環境でのコウイカの動画

解剖学

イカの骨

コウイカは、背部の外套膜の内側に退化した内在性の殻 [5] として、 イカの骨と呼ばれる内部構造を持っている。形は一般に舟形だが、種によっては発達の悪い軟甲だったり(ダンゴイカ)、全く欠くもの(ヒメイカ)もある [2] [6]。イカの骨はコウイカが 浮力を得られるよう多孔質で通水性を持ち、外套膜内の内臓からの分泌物をもとに形成され [4]炭酸カルシウムでできている。多室構造 [5]に仕切られた内部の気体と液体の比率を、腹側の連室細管 ( en:siphuncle) を通じて変えることによって、浮力は調整される [7]。イカの骨の形状、大きさ、表面の凹凸や模様は種によって異なる。イカの骨はコウイカに固有のものであり、近縁種のツツイカからコウイカを区別する特徴のひとつである。その加工性や耐熱性から宝石職人や銀細工師は伝統的にイカの骨を小さな品物の 鋳型に使ってきた [8]。今日では、 パラキートなどペット用の鳥の カルシウム源となる良質な餌として知られている。

体色が劇的に変化したコウイカの2枚の写真
コブシメ英語版は淡褐色・茶色のカモフラージュ(上図)から、暗色の縞を伴う黄色(下図)へ1秒足らずで変身できる。

皮膚

まだらの海底面にいるコウイカの写真
コウイカの幼イカはカモフラージュで身を守る。

コウイカは 皮膚の色を素早く自在に変化させるため、海の カメレオンとしばしば評される[ 誰?]。コウイカは他のコウイカと コミュニケーションするため、また脅威となる捕食者に対し カモフラージュするため、皮膚の色と偏光を変化させる。

この体色変更能力は、皮膚の 色素胞(色素細胞)の伸縮によってもたらされる [4]。コウイカの皮膚には1平方mm あたり200個にのぼる色素胞(これらは赤、黄、茶、黒の 色素を持つ)があり、それらは光反射性を持つ虹色素胞 ( en:iridophore) と白色素胞 ( en:leucophore) の層の外側にある。色素胞は、色素の入った嚢と、収縮時に折りたたまれる大きな 生体膜からなる。これに6-20個の小さな 筋肉細胞が接しており、これが収縮することで弾力性のある色素胞を皮膚に対して垂直になるよう円盤状に押しつぶす [6]。黄色素胞 ( en:xanthophore) は皮膚の表面に最も近く、赤と橙 ( en:erythrophore) はその下、茶と黒 ( en:melanophore) は虹色素胞の層のすぐ上にある。虹色素胞は青と緑の光を反射するが、そうやって周囲の光を反射できるよう、 キチン質蛋白質からできている。これにより、コウイカでしばしば見られる金属的な青、緑、金、銀色が実現する。以上の全ての色素胞は組み合わせて使われることもある。例えば橙は赤と黄の色素胞から、紫は赤色素胞と虹色素胞から、という具合である。コウイカはまた、虹色素胞と黄色素胞を使って明るい緑色を作り出すこともできる。皮膚を反射した光の色を変えられるのと同様、コウイカは 偏光も変えることができる。これは他の海洋動物(その多くは偏光を感知できる)に対してシグナルを送ることを可能にする。

交接前のおそらく興奮状態にある雄のコウイカを水槽内で観察すると、体色が非常に鮮やかかつ複雑な紋様を律動的に変化させる様子が見られる [4]

コウイカの側面写真。細くカーブした瞳孔を持つ目が写っている
コウイカの目

コウイカの眼は数ある動物の中でも最も発達した部類に属する。頭足類の眼の 器官形成は、人間のような脊椎動物のそれとは根本的に異なっている [9]。 頭足類と脊椎動物の眼の表面的な類似は 収斂進化の例と考えられている。コウイカの瞳孔はゆるやかにカーブしたW字型をしている [2]。コウイカは色を感知できないが [10]偏光を感知でき、それがコントラストの感知力を高めている。コウイカは網膜上に集中感知細胞(いわゆる 中心窩)を二箇所持ち、一つは前方向、もう一つは後ろ方向を見ている。人間の場合はレンズの形状を変えて焦点を合わせるが、コウイカの場合は眼球全体の形状を変え、レンズを引っ張り回すことで焦点を合わせる [6]

科学者たちが推測するところでは、コウイカの眼は誕生前に完全に発達し、まだ卵の中にいるうちから周囲を観察し始める。フランスのある研究チームによると、コウイカは孵化前に見た獲物を好んで捕食する傾向がある可能性がある [11]

他の言語で
العربية: حبار
অসমীয়া: কাটলফিছ
беларуская: Каракаціцы
български: Сепии
brezhoneg: Morgad
català: Sèpia
Mìng-dĕ̤ng-ngṳ̄: Dĕ̤ng-kiĕ
Cebuano: Sepiida
čeština: Sépie (řád)
Deutsch: Sepien
Ελληνικά: Σουπιά
English: Cuttlefish
español: Sepiida
euskara: Txibia
فارسی: سپیداج
suomi: Seepiat
français: Sepiida
Gaeilge: Cudal
galego: Sepideos
עברית: דיונונים
हिन्दी: समुद्रफेनी
hrvatski: Sipe
magyar: Tintahalak
Bahasa Indonesia: Sotong
Ido: Sepio
italiano: Sepiida
Basa Jawa: Sotong
қазақша: Тарбақ аяқ
한국어: 갑오징어목
lietuvių: Sepijos
മലയാളം: കണവ
Bahasa Melayu: Sotong Katak
Plattdüütsch: Echte Dintenfische
norsk: Sepiida
polski: Mątwy
português: Choco
русский: Каракатицы
Simple English: Cuttlefish
slovenčina: Sépie
slovenščina: Sipe
српски / srpski: Сипе
Basa Sunda: Balakutak
Kiswahili: Dome
українська: Каракатиця
Tiếng Việt: Bộ Mực nang
Winaray: Bagulan
中文: 墨鱼目
文言:
Bân-lâm-gú: Hoe-ki
粵語: 墨魚