コウイカ目

コウイカ
Sepia latimanus (Reef cuttlefish) dark coloration.jpg
東ティモールコブシメ英語版
分類
:動物界 Animalia
:軟体動物門 Mollusca
:頭足綱 Cephalopoda
上目:十腕形上目 Decapodiformes
:コウイカ目 Sepiida
和名
甲烏賊
墨魚
亜目

コウイカ: Cuttlefish甲イカ甲烏賊)は(イカタコオウムガイが属する)頭足の、コウイカ海洋生物である。最近の研究によると、コウイカは無脊椎動物の中でももっとも知能が高い部類に属する[1]。さらに、全身に占める脳のサイズが無脊椎動物の中で最も大きいと指摘されている[1]

"cuttlefish" という名前は、古英語cudele に由来するかもしれない。その語はさらに、座布団や睾丸を意味する1400年代のノルウェー語 koddi、およびコウイカの形状を小袋と文字通り表現した中世ドイツ語 kudel から由来している。"fish"が付くため、英語圏では魚と誤解する者もいる。ギリシャ・ローマ世界英語版では、コウイカが驚いた時に呼吸管から排出する独特の茶色い顔料を得るため、コウイカは珍重された。それゆえ、ギリシャ語ラテン語で軟体動物の呼吸管 (siphon) を指す sepia(のちのイタリア語seppia)は、英語で顔料の一種であるセピアを指すようになった。

コウイカの外套膜の後端は丸いドーム状になっており、外套膜の全側縁もしくは後ろ寄りに丸い耳形のヒレを持つ[2]。体内に殻(イカの骨)があり、大きなW型の瞳孔を持つ。また8本の触手と2本の触腕を持ち、それらには捕食を確実にするための小歯状突起がついた吸盤がある。コウイカの一般的な大きさは15-25cmであり、最も大型の種となるオーストラリアコウイカでは外套膜が50cm、体重10.5kgに達する[3]

コウイカは徹底した肉食であり[4][5]、食べるのは小型の軟体動物甲殻類タコ環形動物のたぐい、および他のコウイカである。コウイカを捕食するのはイルカサメ、魚、アザラシ、および他のコウイカである。コウイカの寿命はおよそ1〜2年である。

野生環境でのコウイカの動画
他の言語で
العربية: حبار
অসমীয়া: কাটলফিছ
asturianu: Xibia
беларуская: Каракаціцы
български: Сепии
brezhoneg: Morgad
català: Sèpia
Mìng-dĕ̤ng-ngṳ̄: Dĕ̤ng-kiĕ
Cebuano: Sepiida
čeština: Sépie (řád)
Deutsch: Sepien
Ελληνικά: Σουπιά
English: Cuttlefish
español: Sepiida
euskara: Txibia
فارسی: سپیداج
suomi: Seepiat
français: Sepiida
Gaeilge: Cudal
galego: Sepideos
עברית: דיונונים
हिन्दी: समुद्रफेनी
hrvatski: Sipe
magyar: Tintahalak
Bahasa Indonesia: Sotong
Ido: Sepio
italiano: Sepiida
Basa Jawa: Sotong
қазақша: Тарбақ аяқ
한국어: 갑오징어목
lietuvių: Sepijos
മലയാളം: കണവ
Bahasa Melayu: Sotong Katak
Plattdüütsch: Echte Dintenfische
norsk: Sepiida
polski: Mątwy
português: Choco
русский: Каракатицы
Simple English: Cuttlefish
slovenčina: Sépie
slovenščina: Sipe
српски / srpski: Сипе
Basa Sunda: Balakutak
Kiswahili: Dome
українська: Каракатиця
Tiếng Việt: Bộ Mực nang
Winaray: Bagulan
中文: 墨鱼目
文言:
Bân-lâm-gú: Hoe-ki
粵語: 墨魚