ゲーリー・リネカー

ゲーリー・リネカー Football pictogram.svg
Gary Lineker 2011.jpg
2011年のリネカー
名前
本名 ゲーリー・ウィンストン・リネカー
Gary Winston Lineker
愛称 リンクス(山猫)
ラテン文字 Gary LINEKER
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1960-11-30) 1960年 11月30日(57歳)
出身地 レスター
身長 177cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
1976-1978 イングランドの旗 レスター・シティ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1985 イングランドの旗 レスター・シティ 194 (95)
1985-1986 イングランドの旗 エヴァートン 41 (30)
1986-1989 スペインの旗 バルセロナ 103 (42)
1989-1992 イングランドの旗 トッテナム 105 (67)
1992-1994 日本の旗 名古屋グランパスエイト 18 (4)
代表歴
1984-1992 [1] イングランドの旗 イングランド 80 (48)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ゲーリー・ウィンストン・リネカー OBE(Gary Winston Lineker OBE, 1960年 11月30日 - )は、 イングランドレスター出身の元 イングランド代表 サッカー選手。ポジションは フォワード。ガリー・リネカー、ギャリー・リネカーと表記されることも多い。

経歴

青果商の息子として生まれ、 1974年に地元のクラブチーム・ レスター・シティに入団。 1984年 5月26日スコットランド戦にて イングランド代表に初招集された。 1986年ワールドカップ・メキシコ大会では直前に手首をケガしギプスをつけた状態で出場、一次リーグ最終戦の ポーランド戦で前半だけでハットトリックを達成するなど6得点を挙げて得点王に輝き、 1990年ワールドカップ・イタリア大会でも4得点を挙げ、その大会以降は ブライアン・ロブソンの後を継ぎ主将をつとめた。

イングランド代表通算歴代2位の48得点で迎えた 1992年 5月17日に行われたブラジルとの親善試合では自ら得たPKを外し、歴代1位の ボビー・チャールトンの代表49得点に並ぶことはできなかった。直後に行われた UEFA EURO '92でも得点を記録できないままにイングランド代表から引退した。イングランド代表通算80キャップ48得点。ワールドカップ通算12試合出場10得点。現役通算333得点。

1984-85シーズンはレスター・シティで24得点、1985-86シーズンはエヴァートンで30得点、1989-90シーズンはトッテナムで24得点と得点王を3度獲得。全て異なるクラブでの記録であった。

1993年Jリーグ開幕時に 名古屋グランパスエイトに移籍。当時のJリーグ最高年俸(3億円)だった。しかし、Jリーグでは周囲が期待するほどの活躍ができないまま2年目の1994年シーズン終了後をもって現役を引退した(リーグ戦通算18試合出場4得点)。

20年間の現役生活において一度も レッドカードはおろか イエローカードすらもらったことがなく、 1990年の「 FIFAフェアプレー賞」を受賞している。

1999年ワールドサッカー誌の 20世紀の偉大なサッカー選手100人で36位に選出された。

2003年には イングランドサッカー栄誉の殿堂 (English Football Hall of Fame)入りを果たした。

現在はイギリス・ BBCのサッカー番組「 Match of the Day (en:Wikipedia)」( 1964年から続くサッカーのニュース番組、以下「MOTD」)の司会を務める他、新聞などのコメンテーターとして活躍中。洒脱な語り口と紳士的な人柄から同国民に大変人気があるが、労働者階級の一部からは違和感を指摘されることもある[ 要出典]

古巣のレスター・シティへの想いは今なお強く、 2002年に同チームが経営破綻した際には私財を提供し救った。また2015-16シーズンのレスターの快進撃の最中、同年12月には自身のtwitterで「もしレスターが優勝したら、次シーズン初回の『MOTD』にパンツ一丁で出演する」と宣言 [2]。結果的にレスターは周囲の予想を裏切り、快進撃そのままにリーグ優勝を達成。「パンツ一丁」発言が現実のものとなるか注目を浴びたが、2016-17シーズンが開幕してすぐの2016年8月13日のMOTDで、宣言通りレスターのエンブレム入りのトランクス姿で番組に登場。「新シーズン、新オープニング、新監督、新戦力。その他はほぼ例年通り」とユーモアを飛ばし、普段通りの司会ぶりを披露するとともに、多くの視聴者を大いに喜ばせた [3]

他の言語で
العربية: غاري لينيكر
azərbaycanca: Qari Lineker
беларуская: Гары Лінекер
български: Гари Линекер
brezhoneg: Gary Lineker
čeština: Gary Lineker
Cymraeg: Gary Lineker
Deutsch: Gary Lineker
Ελληνικά: Γκάρι Λίνεκερ
English: Gary Lineker
español: Gary Lineker
euskara: Gary Lineker
فارسی: گری لینکر
français: Gary Lineker
hrvatski: Gary Lineker
magyar: Gary Lineker
Հայերեն: Գարի Լինեկեր
Bahasa Indonesia: Gary Lineker
íslenska: Gary Lineker
italiano: Gary Lineker
한국어: 게리 리네커
Latina: Gary Lineker
lietuvių: Gary Lineker
latviešu: Gērijs Linekers
Malagasy: Gary Lineker
Bahasa Melayu: Gary Lineker
Nederlands: Gary Lineker
norsk nynorsk: Gary Lineker
polski: Gary Lineker
português: Gary Lineker
Runa Simi: Gary Lineker
română: Gary Lineker
русский: Линекер, Гари
srpskohrvatski / српскохрватски: Gary Lineker
Simple English: Gary Lineker
slovenčina: Gary Lineker
slovenščina: Gary Lineker
српски / srpski: Гари Линекер
svenska: Gary Lineker
Tagalog: Gary Lineker
Türkçe: Gary Lineker
українська: Гарі Лінекер
Tiếng Việt: Gary Lineker