ゲルマン騎士団

ゲルマン騎士団(Germanenorden ゲルマン教団とも)は20世紀初頭のドイツ国秘密結社である。反ユダヤ主義者テオドール・フリッチに指導された帝国ハンマー同盟の秘密組織として、ヘルマン・ポールら何人かの著名なドイツのオカルティストたちによって1912年に結成された。

思想的には、グイド・フォン・リストアドルフ・ヨーゼフ・ランツの影響が大きく、スワスティカ(鉤十字)シンボルとし、フリーメーソンに似た階層的な兄弟団組織(ロッジ)を有していた。その参入者たちには民族主義的北方人種優越のイデオロギー反ユダヤ主義を、オカルトや魔術的な哲学と同様に教えていた。

ゲルマン騎士団の歴史的に重要な分派は1918年8月にルドルフ・グラウアー、後に改名してゼボッテンドルフ男爵の主導の下に結成されたトゥーレ協会である。このグループはドイツ労働者党(DAP)、そして究極的には国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)に影響を与えた。

  • 外部リンク
他の言語で
čeština: Germanenorden
Deutsch: Germanenorden
English: Germanenorden
español: Germanenorden
français: Germanenorden
italiano: Germanenorden
português: Germanenorden