ゲザハン・アベラ

ゲザハン・アベラPortal:陸上競技
GezahegneAberaInFrontOfMyCar.jpg
選手情報
フルネームゲザハン・アベラ
ラテン文字Gezahegne Abera
国籍エチオピアの旗 エチオピア
種目長距離走マラソン
生年月日(1978-04-23) 1978年4月23日(40歳)
生誕地エチオピア アルシ地域英語版
身長166cm
体重58kg
自己ベスト
ハーフマラソン1時間00分30秒 (2000年)
マラソン2時間07分54秒 (1999年)
 
獲得メダル
男子 陸上競技
オリンピック
2000 シドニーマラソン
世界陸上競技選手権
2001 エドモントンマラソン
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ゲザハン・アベラ (Gezahegne Abera、1978年4月23日- )は、エチオピア陸上競技選手。2000年シドニーオリンピック、2001年世界陸上選手権エドモントン大会の男子マラソン金メダリストである。妻は同じくマラソン選手のエルフェネッシュ・アレム。

なお、彼の名前は「ゲザハン」が本人の名前、「アベラ」はいわゆる「姓(ファミリーネーム)」ではなく父親の名前(父称)である(人名#その他の文化圏における名前を参照)。このため、本人を特定する意味では「ゲザハン」と略するのが正しいが、日本のマスメディアでは「アベラ」をファミリーネームのように扱って略称とすることが一般的であるため、以下の文中の表記もそれに従う。

経歴

アベラが最初に国際大会に登場したのは1999年の ロサンゼルスマラソンであった。この大会でアベラはケニアの3人の選手に次いで4位でフィニッシュ。この結果、アベラは、夏に行われるスペイン世界陸上選手権セビリア大会のエチオピア代表に選出されて11位となった。この年の福岡国際マラソンにも出場し、2時間07分54秒の自己ベストを出して国際大会初勝利を飾った。アベラは、翌2000年の最初に出場したレースであるボストンマラソンでは、 イライジャ・ラガト(ケニア)と同タイムながら写真判定で惜しくも2位となった。

シドニーオリンピックエチオピア代表としてマラソンに出場、レースは後半に入って、アベラと テスファイエ・トラ(エチオピア)のエチオピアの2人と、隣国の1996年アトランタオリンピック男子マラソン銅メダリストのエリック・ワイナイナ(ケニア)の3人が先頭集団から抜け出し、37km付近で、ワイナイナが3人の中からさらに抜け出しスパートをかけた。しかしワイナイナのスパートも2km程度しか続かず、アベラがワイナイナを捕まえそのままゴールした。

翌年、アベラはカナダ世界陸上選手権エドモントン大会のエチオピア代表にも選出され、レースはゴール直前、スタジアムでサイモン・ビウォット(ケニア)とのデッドヒートを1秒差で制したアベラが金メダルに輝いた。アベラは世界で初めてオリンピックと世界選手権両方のマラソンを制した男子マラソン選手である(後に、2012年ロンドンオリンピックと2013年世界陸上選手権モスクワ大会で、スティーブン・キプロティチ(ウガンダ)がアベラに続き達成した。女子マラソンでは、ロザ・モタ(ポルトガル)が1987年世界陸上選手権ローマ大会と、1988年ソウルオリンピックにてアベラよりも先に達成している)。

アベラはその後も福岡国際マラソンやロンドンマラソンで勝利を重ね、一時期は世界最強と謳われた。2003年の世界陸上選手権パリ大会にも優勝候補の最有力選手として出場したが、途中棄権している。

2004年アテネオリンピックでもエチオピア代表に選出されたが、その頃長きに渡る故障に苦しみ出場せず、五輪連覇の夢は叶わなかった。妻の エルフェネッシュ・アレム(エチオピア)は出場し、女子マラソンで4位入賞した。その後若くして現役引退し、現在はホテルと不動産開発のビジネスを手がけている。

他の言語で
aragonés: Gezahegne Abera
čeština: Gezahegne Abera
español: Gezahegne Abera
français: Gezahegne Abera
italiano: Gezahegne Abera
Nederlands: Gezahegne Abera
português: Gezahegne Abera
slovenščina: Gezahegne Abera