ケベック州の旗

ケベックの旗

ケベック州の旗(Flag of Quebec)は、別名「フルール・ド・リゼ(Fleurdelisé)」と呼ばれる、青地の白十字に ユリの紋章の配された旗。

ユリの紋章は、元々 フランス王家の紋章である「 フルール・ド・リス(fleur-de-lis, ユリの花という意味)」で、元来 聖母マリアの象徴である「マドンナ・リリー」(Madonna Lily, 日本では ニワシロユリとも)からとられたものだが、特に北米では「ワイルド・アイリス」(Wild Iris, 日本では ヒオウギアヤメ)であるとも説明されている。

カナダの連邦政府の立場からは「ケベック州の州旗」であるが、ケベック州政府の立場からは「ケベックの旗(National Flag of Quebec [1])」である。

カナダで最初の州旗で、1948年1月21日にケベック州議会議事堂前に初めて掲揚された。

他の言語で
беларуская: Сцяг Квебека
беларуская (тарашкевіца)‎: Сьцяг Квэбэку
Esperanto: Flago de Kebekio
lumbaart: Fleurdelisé
Nederlands: Vlag van Quebec
português: Bandeira de Quebec
русский: Флаг Квебека
српски / srpski: Застава Квебека
українська: Прапор Квебеку