グル

トランス状態に入るラーマクリシュナ(真ん中の人物)

グル(Guru, サンスクリット語: गुरु)は、 サンスクリット語で「 指導者」「 教師」「尊敬すべき人物」などを意味する単語。「導師」「尊師」などとも訳される。グールーとも発音する。 巨匠 師匠 熟練者なども意味する語。「重いもの」「闇から光へ導くもの」「 木星」などの意味もある。 [1] ヨガの修行を達成するためには、グルは死ぬ最後の時まで必要不可欠なものだとされている。

狭義には ヒンドゥー系のバクティ・ ヨーガ等の指導者を言う。そこから、欧米で ニューエイジカルト団体指導者もまたグルを名乗った。日本でも、さらにそれを模倣した団体である[ 要検証 ] オウム真理教事件を起こしたことから、訳語の「尊師」と共に否定的に受け取られることが多い[ 要検証 ]

バクティ・ヨーガにおけるグルは、弟子にとって神の化身ともいえる存在であり、信仰の対象である。グルは自身の霊力を愛という形で弟子に注ぎ、弟子はグルに意識を集中させることにより自己の霊性を向上させる。師弟の信頼により支えられたこの関係において、弟子はグルの指示・指令を実践することによりグルの期待に応えるのである。

転じて米国メディアなどでは、ある種の カリスマ性を持って健康法などを指導する人物を「グールー」という。これは ヒッピー文化を通して広まった用法とされる。

他の言語で
العربية: غورو
azərbaycanca: Quru
български: Гуру
বাংলা: গুরু
català: Guru
čeština: Guru
dansk: Guru
Deutsch: Guru
Ελληνικά: Γκουρού
English: Guru
Esperanto: Guruo
español: Gurú
eesti: Guru
euskara: Guru
فارسی: گورو
suomi: Guru
Gaeilge: Gurú
ગુજરાતી: ગુરુ
עברית: גורו
हिन्दी: गुरु
hrvatski: Guru
magyar: Guru
Հայերեն: Գուրու
Bahasa Indonesia: Guru (agama dharma)
íslenska: Gúru
italiano: Guru
ქართული: გურუ
ಕನ್ನಡ: ಗುರು
lietuvių: Guru
Nederlands: Goeroe (wijze)
norsk nynorsk: Guru
norsk: Guru
ଓଡ଼ିଆ: ଗୁରୁ
पालि: गुरु
polski: Guru
پنجابی: گرو
português: Guru
русский: Гуру
Scots: Guru
srpskohrvatski / српскохрватски: Guru
Simple English: Guru
српски / srpski: Гуру
svenska: Guru
Kiswahili: Guru
தமிழ்: குரு
తెలుగు: గురువు
ไทย: คุรุ
Türkçe: Guru
українська: Гуру
oʻzbekcha/ўзбекча: Guru
Tiếng Việt: Guru
中文: 上师