グリプトドン

グリプトドン Glyptodon
グリプトドン
地質時代
更新世
分類
:動物界 Animalia
:脊索動物門 Chordata
亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata
:哺乳綱 Mammalia
上目:異節上目 Xenarthra
:被甲目 Cingulata
:グリプトドン科 Glyptodontidae
:グリプトドン属 Glyptodon
学名
Glyptodon
Owen1839

|生息時期=第3期鮮新世後期頃から第四期更新世

グリプトドン(Glyptodon)とは、新生代第四紀更新世に南アメリカ大陸で最も繁栄した異節上目(かつての貧歯目)被甲目の1属。現生アルマジロ(アルマジロ科)に近い。

学名の意味は「彫刻された」で、和名も「彫歯獣(ちょうしじゅう)」と言う。多くの学名に用いられる「ドン(δων)」は歯を意味するギリシャ語である。

2015年アルゼンチンのカルロススペガスシニで甲羅の化石が見つかった[1]

進化

グリプトドンの系統は早くも始新世に出現し、新生代を通じて生存した。初期のものは小型で、中新世のものでも全長1mから1.5m程度であったが、更新世に入ると巨大となり、3m以上の種も現われた。一般にグリプトドンとして知られるものはいずれも更新世の産である。一部は北アメリカの南部にも分布を広げた。

他の言語で
català: Glyptodon
čeština: Glyptodon
Deutsch: Glyptodon
Ελληνικά: Γλυπτόδους
English: Glyptodon
Esperanto: Giganta pratatuo
español: Glyptodon
euskara: Gliptodonte
فارسی: شیاردندان
suomi: Glyptodon
français: Glyptodon
עברית: גליפטודון
magyar: Glyptodon
Bahasa Indonesia: Glyptodon
italiano: Glyptodon
Bahasa Melayu: Glyptodon
Nederlands: Glyptodon
occitan: Glyptodon
polski: Glyptodon
português: Gliptodonte
română: Glyptodon
русский: Глиптодоны
Simple English: Glyptodon
svenska: Glyptodon
Tagalog: Glyptodon
Türkçe: Gliptodon
українська: Гліптодон
Tiếng Việt: Glyptodon
中文: 雕齒獸