グラスゴー大学

University of Glasgow
ラテン語: Universitas Glasguensis
校訓Via, Veritas, Vita
校訓(英語)"The Way, The Truth, The Life"
学校種別古代の大学
設立年1451
基金157,800万ポンド[1]
理事長Sir Kenneth Calman
学長Edward Snowden
学長Anton Muscatelli
理事会人数
6,514[2]
学生数23,123[3]
学部生数17,001[3]
大学院生数6,122[3]
所在地英国
スコットランドグラスゴー
スクールカラー
             
所属ラッセル・グループ, Universitas 21, IRUN, Association of Commonwealth Universities, PEGASUS
ウェブサイトwww.gla.ac.uk
テンプレートを表示

グラスゴー大学(英語:The University of Glasgow、ラテン語:Universitas Glasguensis)は、スコットランドグラスゴー市に本部を置くイギリス大学である。1451年に設置された。500年以上の歴史を有する英語圏最古の大学の一つであり、オックスフォード大学ケンブリッジ大学と並ぶアンシャン・ユニヴァシティー(古代の大学)に属する大学。

中世から高位聖職者を輩出し、近世では、蒸気機関の発明や電力単位のワット(W)で知られるジェームズ・ワット、経済学の祖であり国富論を著したアダム・スミス、物理学者のウィリアム・トムソンケルヴィン卿)など歴史上の重要人物も多く輩出している。また、日本の産業発展に貢献すべく創設された工部大学校(東京大学工学部の前身)で教鞭を執ったヘンリー・ダイアーも本学の出身である。近代に入ると、世界各国からエリート層が留学して来るようになり、母国で政治家や科学者となって国家に貢献した卒業生も多い。日本からの留学生も帰国後に名声を得たものが多く、著名人としては化学者の高峰譲吉ニッカ竹鶴政孝(ドラマ「マッサン」モデル)、男爵いも川田龍吉男爵、三菱財閥の岩崎隆弥、物理学者の田中舘愛橘が挙げられる。

大学は英国のアイビー・リーグとも言われているラッセル・グループの一員で、また国際的に重要な大学から組織されているウニベルジタツ21の創立メンバーの一員でもある。医学、歯学、獣医学の分野では、英国最高峰に位置し、特に医学部はGlasgow Coma Scaleの研究で世界に知られている。また、工学部は英国で最初に設置された工学部(1840年)であり、産業革命で大きな役割を果たした。2007年現在、同大学に関係するノーベル賞受賞者は7名に上る。

他の言語で
العربية: جامعة غلاسكو
azərbaycanca: Qlazqo Universiteti
Bahasa Indonesia: Universitas Glasgow
norsk nynorsk: University of Glasgow
srpskohrvatski / српскохрватски: Univerzitet u Glasgowu
ئۇيغۇرچە / Uyghurche: گلاسگوۋ ئۇنىۋېرستېتى
Tiếng Việt: Đại học Glasgow