グスタフ4世アドルフ (スウェーデン王)

グスタフ4世アドルフ
Gustav IV Adolf
スウェーデン王
Gustav IV Adolf of Sweden.jpg
在位1792年3月29日 - 1809年3月29日
戴冠1800年4月3日
出生1778年11月1日
 スウェーデンストックホルム宮殿
死去(1837-02-07) 1837年2月7日(58歳没)
スイスの旗 スイスザンクト・ガレン
埋葬1884年5月29日
スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルムリッダルホルム教会
配偶者フリーデリケ
子女グスタフ
ソフィア・ヴィルヘルミナ
カール・グスタフ
アマリア
ケーキリア
王朝ホルシュタイン=ゴットルプ朝
父親グスタフ3世
母親ソフィア・マグダレーナ
宗教ルター派
テンプレートを表示
グスタフ4世アドルフ

グスタフ4世アドルフ(Gustav IV Adolf,1778年11月1日 - 1837年2月7日)は、スウェーデンホルシュタイン=ゴットルプ王朝第3代国王(在位:1792年 - 1809年)。グスタフ3世デンマークフレゼリク5世の娘ソフィア・マグダレーナの子。

即位

グスタフ4世は、1792年3月29日に父グスタフ3世が死去したことを受けて国王に即位したが、まだ13歳と幼かったため摂政が置かれた。父の死が暗殺という衝撃的なものであり、スウェーデンの王位をこのような形で継承したことは、彼にとって不幸であった。年少の彼にとって、王位は苦痛以外の何物でもなく、摂政による保守的な国政は、グスタフ4世には何の感銘も与えなかった。また父王は生前も外遊が多く、彼は常に孤独であった。このことと、母から受け継いだ冷酷で内向的な性格は、後年の彼の統治に影を落すことになった。

グスタフ4世は1796年に親政を開始したが、スウェーデンは国際的な諸問題、特にフランス革命によって生じたフランス革命戦争に直面していた。革命戦争は、さらにヨーロッパ諸国を巻き込んだ動乱、ナポレオン戦争へと発展していく。このような中でグスタフ4世は外交において致命的な誤りを犯し、大北方戦争以来のスウェーデン存亡の危機を招いてしまうのである。

グスタフ4世は19歳の時、バーデン大公女フリーデリケと結婚した。グスタフソフィア・ヴィルヘルミナ(バーデン大公妃)、カール・グスタフ、アマリア、ケーキリアオルデンブルク大公妃)の5人の子をもうけている。

他の言語で
беларуская: Густаў IV Адольф
български: Густав IV Адолф
brezhoneg: Gustav IV Adolf
čeština: Gustav IV. Adolf
Bahasa Indonesia: Gustav IV Adolf dari Swedia
srpskohrvatski / српскохрватски: Gustav IV Adolf od Švedske
slovenčina: Gustáv IV. Adolf
Türkçe: IV. Gustav
українська: Густав IV Адольф