クロード・メイヤスー

クロード・メイヤスー(Claude Meillassoux, 1925年12月26日 - 2005年1月2日)は、フランス人類学者

メイヤスーは前資本主義的段階にある社会の経済システムを、下部構造、上部構造、史的唯物論などのマルクス主義の概念を用いて研究した。支配と交換のメカニズムはあらゆる人間社会に存在するという確信があったからである。20世紀後半の人類学で支配的な思想だった機能主義構造主義とは距離をとり、解放の人類学(Anthropologie de la libération)運動の一翼を担った。妻は歴史家のコリンヌ・ベリアール、息子のクァンタン・メイヤスーは哲学者。孫の名はアルマ。

次の学術誌に数多くの論文を発表した。『Cahiers d'études africaines』、『L’Homme et la société』、『L’Homme』、『Économie et Sociétés』、『Journal de la Société des africanistes』、『Anthropologie et Sociétés』、『L’Ethnographie』。

他の言語で