ギルバート・ホワイト

Gilbert White

ギルバート・ホワイト(Gilbert White, 1720年 7月18日 - 1793年 6月26日)は、18世紀 イギリス牧師、博物学者。その著『セルボーンの博物誌』は、 博物学ネイチャーライティングの古典として今日なお読み継がれている。

生涯

ウェイクス荘(セルボーン)

1720年、 ロンドンの南西約80キロに位置する ハンプシャーの小村、 セルボーンに生まれる。 家庭教師に学んだ後、オックスフォードの オリオル・カレッジに進む。

1746年に 執事の命を受け、以後、ハンプシャー(セルボーンも含む)と ウィルトシャーで助任司祭を務める。1758年に父が亡くなると、ホワイトはセルボーンに戻り、ウェイクス荘に定住。1763年に正式に相続。1784年に第4代のセルボーン副牧師に任命され、その職を全うした。生涯、独身を通し、1793年に死去。セント・メアリー教会にその墓石を訪ねることができる。生前の姿については、肖像画が残されておらず、姿勢のよいやせ形の風体をしていたとのみ伝えられている [1]

他の言語で
català: Gilbert White
Deutsch: Gilbert White
English: Gilbert White
Esperanto: Gilbert White
español: Gilbert White
français: Gilbert White
Gaeilge: Gilbert White
italiano: Gilbert White
Nederlands: Gilbert White
português: Gilbert White
Simple English: Gilbert White
svenska: Gilbert White