ギリェルモ・カブレラ=インファンテ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカブレラ第二姓(母方の)はインファンテです。
ギリェルモ・カブレラ・インファンテ
Guillermo Cabrera Infante
誕生1929年4月22日
 キューバ ヒバーラ
死没(2005-02-21) 2005年2月21日(75歳没)
イギリスの旗 イギリス ロンドン
職業作家
主題小説評論
代表作Tres Tristes Tigres
主な受賞歴ビブリオテーカ・ブレーベ賞(1964)
セルバンテス賞(1997)
デビュー作『平和のときも戦いのときも』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ギリェルモ・カブレラ・インファンテGuillermo Cabrera Infante, 1929年4月22日 - 2005年2月21日)はキューバ出身の小説家評論家スペイン語英語で作品を著した。

生涯

キューバのヒバーラに生まれる。両親が、当時は非合法だった共産党活動をしたために逮捕されて生活が困窮し、12歳のときに一家はハバナへ引っ越す。このため思春期から青年時代をハバナですごし、ペトロニウスの『サテュリコン』や、ホメロスの『オデュッセイア』を愛読する。

ハバナ学院の卒業後に作家活動をはじめるが、作品がフルヘンシオ・バティスタ政権の検閲にかかり、投獄される。それ以降は反政府活動に協力しつつ、ペンネームを使って執筆を行なう。キューバ革命後は、Revolución 紙の文芸付録である Lunes de Revolución の編集委員等をつとめ、1950年代のキューバを舞台とした短篇集『平和のときも戦いのときも』を発表。しかし、ルイス・ブニュエルの映画製作が不許可となり、弟と オルランド・ヒメネスが製作したドキュメンタリー『P・M・』が上映禁止になるなどの事件をきっかけに、革命政府の政策に反対するようになる。

Lunes de Revolución が廃刊処分となったのち、ブリュッセル駐在中に家族をヨーロッパへ呼んでロンドンへ移住し、作家活動を続ける。ブリュッセル時代に発表した小説 Tres Tristes Tigres(未訳)は、スペインビブリオテーカ・ブレーベ賞を受賞した。1997年には、スペイン語圏で最高の文学賞ともいわれるセルバンテス賞を受賞。

他の言語で