キム・スタンリー・ロビンソン

キム・スタンリー・ロビンソン
Kim Stanley Robinson
Kim Stanley Robinson 2005.JPG
第63回ワールドコン(グラスゴー)にて撮影, 2005年8月
誕生1952年3月23日
イリノイ州ウォキーガン
職業作家
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンルSF
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

キム・スタンリー・ロビンソンKim Stanley Robinson1952年3月23日 - )は、アメリカ合衆国SF作家であり、多くの賞を受賞した《火星三部作》で最もよく知られている。彼の作品は通常、生態学的で社会学的なテーマを掘り下げる。彼の小説の多くは自身の科学的興味の直接的結果のように思われる。彼の最も有名な作品も、15年にわたる研究と子供の頃からの火星に対する興味の結果と言えよう。

ロビンソンの作品を評論家は「文学的なSF小説」と分類する[1]

経歴

イリノイ州ウォキーガンで生まれ、南カリフォルニアで育った。1974年、彼は文学士としてカリフォルニア大学サンディエゴ校を卒業、1975年にボストン大学で英文学の修士号を得た。1982年にはカリフォルニア大学サンディエゴ校で英文学の博士号を得た。そのときの博士論文 The Novels of Philip K. Dickフィリップ・K・ディックの小説)は1984年に出版された。

自らは登山家ではなくバックパッカーだとしているが[2]、登山はいくつかの作品で扱われており、例えば『 南極大陸英語版』、《火星三部作》(およびその元となった短編小説 "Green Mars")、Forty Signs of RainEscape from Kathmandu で顕著である。

1982年、彼は環境化学者の Lisa Howland Nowell と結婚し、2人の息子を育てている。ロビンソンはかつてカリフォルニア州ワシントンD.C.スイス(1980年代)に住んでいた。現在はカリフォルニア州デイビスに住んでいる。

2009年にはクラリオン・ワークショップで講師を務めた。2010年、オーストラリアのメルボルンで開催された第68回ワールドコンのゲスト・オブ・オナーとして招かれた。2011年4月、カリフォルニア大学サンタクルーズ校で開催された第2回 Rethinking Capitalism(資本主義再考)会議に出席した。そこでは、資本主義の周期的性質についての話をしている[3]

他の言語で