ガンダーラ

インド(紀元前6世紀)の 十六大国
左上の Gandhara がガンダーラ

ガンダーラ: Gandhāra: Gāndhāraḥ)は、現在の アフガニスタン東部から パキスタン北西部にかけて存在した古代王国。 カーブル川英語版北岸に位置し、その東端は インダス川を越えて カシミール渓谷の境界部まで達していた。 [1]

ガンダーラの王国は 紀元前6世紀11世紀の間存続し、 1世紀から 5世紀には 仏教を信奉した クシャーナ朝のもとで最盛期を迎えた。 1021年ガズナ朝スルタンマフムードにより征服された後、ガンダーラの地名は失われた。 イスラム支配下では ラホール、または カーブルが周辺地域の中心となり、 ムガル帝国の支配下ではカーブル州の一部とされた。

地理

ガンダーラは ヴェーダ時代、カーブル河岸からインダス河口までをその疆域としていた。その領域は ペシャーワル渓谷英語版として知られている。のちの時代に ガンダーラ人英語版はインダス川を越え、パキスタンの パンジャーブ州北西部をも領土に含めた。ペルシアと 中央アジアの重要な交通路であったガンダーラは国際的な商業都市として繁栄した。時代によって、 ペシャーワル渓谷英語版タクシラ スワート渓谷英語版をまとめてガンダーラの領域に含めることがあるが、中心地は常にペシャワール渓谷であった。王国の首都は チャルサッダ英語版(チャールサダ)、 タクシラペシャーワル、末期にはインダスの フント英語版に置かれた。

他の言語で
Afrikaans: Gandhara
العربية: غاندارا
български: Гандхара
català: Gandhara
čeština: Gandhára
dansk: Gandhara
Deutsch: Gandhara
Ελληνικά: Γανδάρα
English: Gandhara
Esperanto: Gandaro
español: Gandhara
euskara: Gandhara
فارسی: گنداره
suomi: Gandhara
français: Gandhara
ગુજરાતી: ગાંધાર
עברית: גנדהארה
hrvatski: Gandara
magyar: Gandhára
Bahasa Indonesia: Gandhara
ქართული: განდჰარა
ಕನ್ನಡ: ಗಾಂಧಾರ
한국어: 간다라
lietuvių: Gandhara
മലയാളം: ഗാന്ധാരം
मराठी: गांधार
नेपाली: गान्धार
Nederlands: Gandhara
norsk nynorsk: Gandhara
norsk: Gandhara
ਪੰਜਾਬੀ: ਗੰਧਾਰ
polski: Gandhara
پنجابی: گندھارہ
پښتو: گندهارا
português: Gandara
русский: Гандхара
संस्कृतम्: गान्धरः (जनपदः)
Scots: Gandhara
srpskohrvatski / српскохрватски: Gandara
සිංහල: ගාන්ධාර
slovenščina: Gandara
svenska: Gandhara
українська: Гандхара
اردو: گندھارا
oʻzbekcha/ўзбекча: Gandhara
Tiếng Việt: Càn-đà-la
中文: 健馱邏國
文言: 健陀羅
Bân-lâm-gú: Gandhara Kok