ガブリエル・ノーデ

ガブリエル・ノーデ

ガブリエル・ノーデ(Gabriel Naudé、1600年2月2日 - 1653年7月25日)は、フランス司書マザラン図書館の司書として知られ、近代図書館学の祖ともいわれる[1][2]。主な著書に『図書館設立のための助言』(Advis pour dresser une bibliothèque[3][4][5]がある[2][† 1]

他の言語で
العربية: غابريل نادي
español: Gabriel Naudé
français: Gabriel Naudé
italiano: Gabriel Naudé
português: Gabriel Naudé