カースト

バラモン教の儀式(南インド)

カースト( 英語: Caste [1])とは、 ヒンドゥー教における 身分制度ヴァルナジャーティ)を指す ポルトガル語英語である [2]インドでは、現在も「カースト」でなく『ヴァルナとジャーテ』と呼ぶ [3]

紀元前13世紀頃に、 バラモン教の枠組みがつくられ、その後、 バラモンクシャトリヤヴァイシャシュードラの4つの身分に大きく分けられる ヴァルナとし定着した。現実の内婚集団である ジャーティもカースト制度に含まれる。

法的規定

インドでは、 1950年に制定された インド憲法の17条により、 不可触賎民を意味する差別用語は禁止、カースト全体についてもカーストによる差別の禁止も明記している。 またインド憲法第341条により、 大統領令で州もしくはその一部ごとに指定された諸カースト(不可触民)の総称として、公式にスケジュールド・カースト(指定カースト)と呼ぶ。留保制度により、公共機関や施設が一定割合(平均15~18%)で優先的雇用機会を与えられ、学校入学や奨学金制度にも適用される。制度改善に取り組むものの、現在でもカーストはヒンドゥー社会に深く根付いている [3]

他の言語で
Afrikaans: Kaste
беларуская: Каста
български: Каста
català: Casta
čeština: Kasta
dansk: Kaste
Deutsch: Kaste
Ελληνικά: Κάστα
English: Caste
Esperanto: Kasto
español: Casta
euskara: Kasta
فارسی: کاست
français: Caste
गोंयची कोंकणी / Gõychi Konknni: Caste
ગુજરાતી: જાતિવાદ
עברית: קאסטה
हिन्दी: जाति
hrvatski: Kaste
magyar: Kaszt
Հայերեն: Կաստաներ
Bahasa Indonesia: Kasta
Ido: Kasto
italiano: Casta
қазақша: Касталар
한국어: 카스트
Кыргызча: Касталар
Lëtzebuergesch: Kast
lietuvių: Kasta
latviešu: Kasta
മലയാളം: ജാതി (സമൂഹം)
मराठी: जात
Bahasa Melayu: Sistem kasta
Nederlands: Kastenstelsel
norsk nynorsk: Kaste
norsk: Kaste
occitan: Casta
ଓଡ଼ିଆ: ଜାତି
ਪੰਜਾਬੀ: ਜਾਤ
polski: Kasta
português: Casta
română: Castă
русский: Каста
Scots: Caste
سنڌي: ذات پات
srpskohrvatski / српскохрватски: Kaste
Simple English: Caste
slovenčina: Kasta
српски / srpski: Каста
svenska: Kastväsen
தமிழ்: சாதி
తెలుగు: కులం
Türkçe: Kast sistemi
українська: Каста
اردو: ذات پات
oʻzbekcha/ўзбекча: Kasta
Tiếng Việt: Đẳng cấp
中文: 种姓制度
粵語: 種姓