カンゲルルススアーク

カンゲルルススアーク近隣の氷河
カンゲルルススアークの位置(グリーンランド内)
カンゲルルススアーク
グリーンランド内の位置

カンゲルルススアーク(Kangerlussuaq)はグリーンランド南西部のケカッタ自治体の町。カンゲルルススアークとはグリーンランド語で「大きなフィヨルド」の意味。

歴史

カンゲルルススアークの歴史は1941年にフィヨルド東部に定住地が作られたことに始まる。これは、第二次世界大戦の影響で、グリーンランドにアメリカ軍が進駐するのに伴い、軍事基地・飛行場として作られたものである。カンゲルルススアークはヨーロッパへの中継点の一つとして用いられた。戦争後の1950年に飛行場はデンマークの管理になったものの、冷戦の開始に伴い1951年にはアメリカ軍の管理下に戻っている。冷戦期間中は、早期警戒拠点および補給拠点として用いられたが、冷戦終結後には必要性が減じていた。1992年9月30日に飛行場はグリーンランド自治政府の管轄になっている。

他の言語で
العربية: كانجرلوسواك
català: Kangerlussuaq
čeština: Kangerlussuaq
Deutsch: Kangerlussuaq
English: Kangerlussuaq
español: Kangerlussuaq
français: Kangerlussuaq
íslenska: Kangerlussuaq
kalaallisut: Kangerlussuaq
português: Kangerlussuaq
svenska: Kangerlussuaq