カジュアルゲーム

概要

カジュアルゲームの明確な定義はないが、短時間でのプレイが可能で、ルールや操作方法も説明書を読まなくても把握できるほどシンプルな、誰にでも比較的簡単に遊べるゲーム群を指して呼ぶことが多い。なおいわゆるアイテム課金を行うものは、たとえゲームそのものがシンプルなものであってもカジュアルゲームとは呼ばない。

現在のカジュアルゲームは90年代にWindowsに付属していたゲーム群に遡ることが出来る。仕事の合間などに気軽に遊べることが大きな支持を得た。インターネットが普及するにつれカジュアルゲームを専門に扱うディベロッパーやサイトがあらわれ始め、2000年代後半から多くの支持を得て膨大な量のカジュアルゲームが製作されるようになった。2010年代に入るとタブレット等の普及がカジュアルゲームの売上げを急拡大させている。しかし、カジュアルゲームは製作費を抑えている分だけ低価格で提供されており、その反動で2014年現在、似たような内容のゲームが粗製乱造され業界として閉塞状態にある。

一方、Web上でFlash等の技術により無料で遊べるカジュアルゲームも数多い。それらはゲームに広告を入れることで、宣伝媒体としての要素も注目されている[1][2]。何より、集客の効果を期待しての無料での提供であることが多い。

他の言語で
Deutsch: Casual Game
English: Casual game
français: Casual game
italiano: Casual game
한국어: 캐주얼 게임
Nederlands: Casual game
polski: Gra casual
svenska: Casual games
Türkçe: Gündelik oyun
Tiếng Việt: Trò chơi phổ thông
中文: 博弈遊戲