オーバードース

オーバードース
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
救急医学
ICD-1036-50
ICD-9-CM960-979
DiseasesDB3971

オーバードース英語: drug overdose)とは、身体あるいは精神にとって、急性の有害な作用が生じるほどの量によって、薬物が使用されることである[1]。それによって一時的、あるいは永続的な影響があり、最悪の場合死亡することがある[1]。日本語では過剰摂取過量服薬と翻訳されている。略称は OD。過剰・超過を意味する over と服用量の dose との複合語である。

特に危険性が高いケースは、ヘロインモルヒネのような鎮痛薬、アンフェタミンアルコールベンゾジアゼピン系の医薬品や、これらが同時に摂取された場合である[2]。それらは作用する量と致死量が近い薬物である。逆に、大麻LSDでは安全係数(治療指数)が高く、重症例はほとんどない[3]

意図的な過剰摂取は、自殺企図を意味することがある[1]。数では違法な薬物よりも、合法的な薬物における方が多い[1]

近年、医師から処方された向精神薬を過量服薬する例が相次いでいる。アメリカ合衆国での調査では薬物による死亡は意図的でない死亡が多く、処方箋医薬品によるものが過半数である[4]。日本で精神科の患者に対する多剤大量処方が問題となり[5]、2012年の閣議決定で薬剤師の活用が提起されたが[6]、2014年度からは一定数を超えた処方の診療報酬が減額することとなった。日本で2010年に原因不明の死亡を司法解剖した約3,000人から、医薬品(841人、28%)やアルコール(22%)の検出が多く、医薬品の内訳は睡眠薬(306人、10%)、精神神経用薬(10%)である[7]。市販薬では、解熱鎮痛剤などの一般的な薬局で販売されているものが使われる。

英米では、医薬品の過剰摂取による死亡は、国際的な懸念となっている[8][9]。アメリカでは、11年連続で過剰摂取による死亡が上昇し、2010年にはアルコール以外に38,329人の薬物過剰摂取による死亡があり、死亡の原因となっている薬物は一般医薬品や違法薬物ではなく、処方箋医薬品が原因となっているものが過半数を超えている[4]。そのうち、鎮痛剤に使われるオピオイド系薬物の関与が16,651人で最多、鎮静催眠剤であるベンゾジアゼピン系薬物が6,497人で第2位、3位に抗うつ薬が3,889人と続く[4]。アメリカで特に死亡者の多いオピオイド系鎮痛薬による死亡者数は[4]、医療大麻が合法化された州では減少している[10]

他の言語で
العربية: جرعة زائدة
asturianu: Sobredosis
беларуская: Перадазіроўка
беларуская (тарашкевіца)‎: Перадазоўка
català: Sobredosi
dansk: Overdosis
English: Drug overdose
Esperanto: Trodozo
español: Sobredosis
français: Overdose
Gaeilge: Ródháileog
עברית: מנת יתר
hrvatski: Predoziranje
Bahasa Indonesia: Overdosis
italiano: Sovradosaggio
한국어: 과다복용
latviešu: Pārdozēšana
Nederlands: Overdosis
norsk nynorsk: Overdose
norsk: Overdose
português: Overdose
română: Supradoză
srpskohrvatski / српскохрватски: Predoziranje
Simple English: Overdose
српски / srpski: Предозирање
svenska: Överdos
українська: Передозування
中文: 藥物過量