オーセベリ船

オーセベリ船 (ヴァイキング船博物館、ノルウェー )
オーセベリ船の細部
正面から

オーセベリ船: Osebergskipet: Oseberg Ship)は、ノルウェーヴェストフォル県トンスベルグ近郊のオーセベリ農場にある大きな墳丘墓から発見された保存状態の良いヴァイキング船である[1]

現在、同時に発掘された多くの副葬品と共に共にオスロ市西部ビグドイ半島にあるヴァイキング船博物館に展示されている。

墳丘墓

オーセベリ墳丘墓(: Oseberghaugen ved Slagen[2]には数多くの副葬品と2人の女性の遺骨が埋まっていた。船が埋められたのは834年以降であるが、船の一部が800年以降のものであるため、船自体はもっと古いものであると考えられている[1] 。オーセベリ船は1904年から1905年にかけてノルウェー人考古学者 ホーコン・シェテリーク英語版とスウェーデン人考古学者 ガブリエル・グスタフソン英語版によって発掘された。この船は広く賞賛され、ヴァイキング時代を生き延びた最高の掘り出し物の1つといわれている[3]

他の言語で
English: Oseberg Ship
français: Bateau d'Oseberg
Bahasa Indonesia: Oseberg
íslenska: Ásubergsskipið
italiano: Nave di Oseberg
Lëtzebuergesch: Schëff vun Oseberg
Nederlands: Osebergschip
norsk nynorsk: Osebergskipet
português: Barco de Oseberga
srpskohrvatski / српскохрватски: Brod iz Oseberga