オリンピックの東ドイツ選手団

オリンピックの東ドイツ選手団
Flag of East Germany.svg
東ドイツの国旗
IOCコード GDR
オリンピック
メダル

192

165

162

519
夏季オリンピック東ドイツ選手団
1968 • 1972 • 1976 • 1980 • 1984 • 1988
冬季オリンピック東ドイツ選手団
196819721976198019841988
関連選手団
ドイツ ドイツ (1896-1936, 1992- )
東西統一ドイツ 東西統一ドイツ (1956-1964)
西ドイツ 西ドイツ (1952, 1968-1988)
ザール ザール (1952)

オリンピックの東ドイツ選手団は、 1968年グルノーブルオリンピックから参加し、 夏季オリンピックは同年の 1968年メキシコシティーオリンピックから参加した。これに先立つ 1956年コルチナ・ダンペッツオオリンピックから 1964年東京オリンピックまでの6大会では 西ドイツとともに 統一チームを結成していた。 1984年ロサンゼルスオリンピックはソビエト連邦を中心とした旧東欧諸国とともにボイコットにより不参加となった。1970年代から1980年代にかけて、 ソビエト連邦に次ぐ世界第2位のオリンピック強豪国として君臨したが、1989年 ベルリンの壁崩壊をきっかけに長らく分裂していた東西ドイツが統一され、以後 ドイツとして参加。

概要

これまで最も多くメダルを獲得した夏季オリンピックは、 1980年モスクワオリンピックの126個。冬季オリンピックは 1988年カルガリーオリンピックの25個である。また、最も多くのメダルを獲得した夏季オリンピック競技は 陸上競技の109個、冬季オリンピック競技は リュージュスピードスケートの29個であった。

他の言語で
dansk: DDR ved OL