オットー・クレンペラー

オットー・クレンペラー
Otto Klemperer.jpg
オットー・クレンペラー
基本情報
出生名Otto Klemperer
生誕1885年5月14日
出身地ドイツの旗 ドイツ帝国プロイセン王国の旗 プロイセン王国ブレスラウ
死没(1973-07-06) 1973年7月6日(88歳没)
スイスの旗 スイスチューリッヒ
学歴シュテルンシェス音楽院
職業指揮者作曲家
担当楽器指揮
活動期間1906年 - 1972年
レーベルEMI
グスタフ・マーラー

オットー・クレンペラー(Otto Klemperer, 1885年5月14日 - 1973年7月6日)は、ドイツ出身の指揮者作曲家である。ユダヤ系ドイツ人[注釈 1]

20世紀を代表する指揮者の一人とされる。

ドイツ圏の古典派ロマン派から20世紀の音楽まで幅広いレパートリーを持つ。晩年の録音で聴くことができるように、アンサンブル音色・情緒的表現などの表面的な美しさより、遅く厳格なテンポにより楽曲の形式感・構築性を強調するスタイルでよく知られている。1950年代初頭ごろまでの録音には、逆に新即物主義的快速テンポによる同様のアプローチが見られる。

従兄弟に、言語学者で『第三帝国の言語「LTI」[注釈 2]』を著したヴィクトール・クレンペラー英語版(1881年 - 1960年)がいる。息子は俳優ヴェルナー・クレンペラー英語版(1920年 - 2000年)である。

生涯

少年期

ブレスラウ(現在のポーランド・ヴロツワフ)に生まれる。4歳の時にハンブルクに移り、同地で少年時代を過ごす。音楽教育はハンブルク移住後、母親にピアノの手ほどきを受けたことに始まり、その後進学したフランクフルトホッホ音楽院で、その後ベルリンに移り、作曲、指揮とピアノを専攻、ハンス・プフィッツナーに師事する。

ドイツ時代

22歳でグスタフ・マーラーの推挙を受け、プラハドイツ歌劇場の指揮者になる。以後、ハンブルク、ストラスブールケルンヴィースバーデンの歌劇場で指揮者を務める。1919年にはケルン歌劇場のオペラ歌手であるおなじユダヤ系の ヨハンナ・ガイスラードイツ語版結婚。1921年にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にデビュー、じきにベルリンでも好評を博するようになり、1927年にはウンター・デン・リンデン国立歌劇場に付属するクロル歌劇場監督に就任する。その革新的な試みは大きな話題となるが、ドイツ経済の急速な悪化とナチスに代表されるドイツ復古主義の台頭もあり、1931年には劇場は閉鎖される。48歳の時(1933年)、ナチス政権樹立に伴い、スイスを経由しアメリカ合衆国亡命する。

アメリカ時代

亡命後、クレンペラーはロサンジェルス・フィルハーモニックの指揮者となり、オーケストラの水準を大きく向上させる。また、各地のオーケストラに客演し、ピッツバーグ交響楽団の再建にも関与する。ところが、1939年に脳腫瘍に倒れたクレンペラーは、言語障害や身体の麻痺といった後遺症との戦いを余儀なくされ、ロサンジェルス・フィルの音楽監督の座も失うことになる。この病をきっかけに元来患っていた躁鬱病も悪化、奇行が目立つようになり、以後アメリカでのキャリアは完全に断たれる。

第二次大戦後・晩年

第二次世界大戦後はヨーロッパに帰還を果たし、62歳(1947年)でブダペストハンガリー国立歌劇場の監督に就任。すぐさま劇場を充実したものとするが、3年後には社会主義リアリズムを振りかざす共産党政権と衝突して辞任する。その間、北米 ヴォックス・レコード英語版とのレコーディングを重ね、また世界各地のオーケストラにも客演する。やがてロンドンでの客演が英国EMIプロデューサーであるウォルター・レッグに感銘を与え、1952年にEMIとレコード契約を交わすことになる。

アメリカの音楽団体による活動の制限、市民権継続の問題などからしばらくアメリカに留まることとなるが、やがてヨーロッパへ脱出し、ドイツの市民権を回復する。こうして、1954年(69歳)からフィルハーモニア管弦楽団とレコーディングを開始したクレンペラーは、EMIから多くのレコードをリリース。これにより、忘れられていた彼の名は広く知れ渡り、巨匠として世界的な名声を得ることになる。そして1959年8月に、クレンペラーはレッグと終身のレコード録音契約を結ぶと共に同楽団初の常任指揮者の座に就いた[注釈 3]

クレンペラーとフィルハーモニア管弦楽団の関係は、楽団が1964年にニュー・フィルハーモニア管弦楽団として新しいスタートを切った後も変わることなく続いた。

晩年は聴覚を含む体の衰えが著しくなり、1972年1月に公開の演奏活動から引退を表明。同年末にはレコーディング活動からも引退する。翌1973年にスイス・チューリッヒの自宅で死去した。

他の言語で
беларуская: Ота Клемперэр
čeština: Otto Klemperer
Esperanto: Otto Klemperer
español: Otto Klemperer
français: Otto Klemperer
italiano: Otto Klemperer
latviešu: Oto Klemperers
Nederlands: Otto Klemperer
português: Otto Klemperer
română: Otto Klemperer
Simple English: Otto Klemperer
українська: Отто Клемперер