オスカル・モンテリウス

オスカル・モンテリウス(1913年撮影)

グスタフ・オスカル・アウグスティン・モンテリウス英語: Oscar Montelius, スウェーデン語: Gustaf Oscar Augustin Montelius1843年9月9日-1921年11月4日)は、スウェーデン考古学者考古資料編年相対年代の決定に大きな足跡をのこし、特に、その方法論としての型式学的研究法の提唱は世界的に大きな影響をあたえた。

人物略歴

1843年9月9日スウェーデン王国首都ストックホルムに生まれた[1]。幼いころから人類学先史考古学を志したといわれる[1]。北欧有数の大学であるウプサラ大学を卒業[注釈 1]。同大学では歴史学を学んだ。1863年以降、ストックホルムに所在するスウェーデン国立歴史博物館に助手として雇われ、ここでも学んでいる[2]1869年、母校ウプサラ大学で博士号を取得、1871年、有名な慈善家となるアグダ(sv)と結婚、同年、国立歴史博物館の博物館員となった[3]。若いモンテリウスは、1870年に開始されたハインリヒ・シュリーマンによるトロイアイリオス遺跡)の発掘調査の話に魅了されたという[1]1880年にはスウェーデン国立歴史博物館の教授に昇進した[2]

モンテリウスの墓

1907年、国立歴史博物館の館長に昇進すると同時に国家古物管理官に任じられ、スウェーデンの文化財の保存や研究に大きな功績をのこした[2]1913年、両職を引退。その後は1917年から21年までスウェーデン・アカデミー会員(第18席)の地位にあった。なお、ロシア帝国歴史家イギリス(のちアメリカ合衆国)に亡命したミハイル・ロストフツェフとは親交があり、ロシア革命勃発に際してはロストツェフを援助している。

1921年11月4日、ストックホルムで死去。ストックホルム北墓地に眠る。

他の言語で
bosanski: Oscar Montelius
čeština: Oscar Montelius
español: Oscar Montelius
français: Oscar Montelius
italiano: Oscar Montelius
lietuvių: Oscar Montelius
Nederlands: Oscar Montelius
português: Oscar Montelius
srpskohrvatski / српскохрватски: Oscar Montelius