オウラノサウルス

形態

全長約7.2メートル。状の口や親指はイグアノドンとほぼ同じだが、眼窩の間に一対の骨質のコブがあり[1]、また脊椎神経棘が伸長している。この突起は肩近辺で長く、背面を下るにつれ短くなる[1]。その用途は威嚇や性的ディスプレイの他、生息地の高温から考えて、棘突起の間には皮膜の帆が張られ、体温調節のラジエターとして機能した可能性もある。同地のやはり背に帆を持つスピノサウルスレッバキサウルス共々、所属グループの一員が環境に応じた進化を遂げたとすれば恐竜の適応力のほどの証左といえる。これとは別に、脂肪からなる厚みのあるコブがあったとする説もある[1]

他の言語で
català: Ouranosaure
čeština: Ouranosaurus
Deutsch: Ouranosaurus
English: Ouranosaurus
español: Ouranosaurus
فارسی: اورانوسور
français: Ouranosaurus
hrvatski: Ouranosaurus
magyar: Ouranosaurus
қазақша: Уранозавр
Nederlands: Ouranosaurus
ଓଡ଼ିଆ: Ouranosaurus
polski: Uranozaur
português: Ouranossauro
русский: Уранозавр
srpskohrvatski / српскохрватски: Ouranosaurus
Simple English: Ouranosaurus
slovenčina: Ouranosaurus
svenska: Ouranosaurus
українська: Уранозавр
Tiếng Việt: Ouranosaurus
中文: 豪勇龍屬