オイゲン・フォン・ベーム=バヴェルク

オイゲン・フォン・ベーム=バヴェルク
オーストリア学派
生誕(1851-02-12) 1851年2月12日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ブルノ
死没

1914年8月27日(1914-08-27)(63歳)


Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国、Kramsach
国籍オーストリア=ハンガリー
研究分野政治経済学
母校ウィーン大学
影響を
受けた人物
カール・メンガー
ウィリアム・オブ・オッカム
影響を
与えた人物
ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス
ヨーゼフ・シュンペーター
ヘンリク・グロスマン
実績利子の分析
財政学、特に税制への貢献
テンプレートを表示

オイゲン・フォン・ベーム=バヴェルクEugen von Böhm-Bawerkドイツ語: [bøːm ˈbaːvɛʁk]1851年2月12日 - 1914年8月27日)は、オーストリア・ハンガリー帝国出身の経済学者であり、オーストリア学派(ウィーン学派)の発展に対する重要な寄与によって知られている。名前の発音は正しくは、オイゲン・フォン・ブーム=バーヴェアク[1]である。

学生時代

  • ウィーン大学法学を学んでいるときに カール・メンガーの『国民経済学原理』を読み、メンガーの元で学ぶことは無かったが彼の理論の熱心な支持者となった。ヨーゼフ・シュンペーターによれば、ベーム=バヴェルクは「あまりにも完全に熱狂的なメンガー支持者であったので、ほかの学派の影響をほとんど受けることが無かった」とのことである。
他の言語で