エンリケ・セレソ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はセレソ第二姓(母方の)はトーレスです。
エンリケ・セレソFootball pictogram.svg
Enriquecerezo.jpg
基本情報
国籍スペインの旗 スペイン
生年月日(1948-02-27) 1948年2月27日(70歳)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エンリケ・セレソ・トーレスEnrique Cerezo Torres1949年9月18日- )は、スペイン映画プロデューサー。プロサッカーリーグリーガ・エスパニョーラプリメーラ・ディビシオンアトレティコ・マドリード会長(任2003年- )。

アトレティコ会長として

アトレティコ・マドリード会長ヘスス・ヒルの下でクラブはセグンダ・ディビシオン降格を味わうなど苦境に陥り、2002年にセレソはヒルからクラブ会長職を継承した。セレソは精力的な補強を行いクラブ強化を図ったが、カルロス・ビアンチの招聘も低迷を招くなど、苦しい状況が続いた。2006-07シーズン、ハビエル・アギーレを監督に招聘。2007-08シーズンにはリーガ4位と復活を印象付け、セルヒオ・アグエロディエゴ・フォルランの2トップが得点を量産することで、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2009-10シーズンはシーズン途中より就任したキケ・フローレス監督の下で、UEFAヨーロッパリーグ優勝を果たしている。

その一方で前会長から受け継いだクラブの深刻な負債のため、ゼネラル・マネジャー(GM)の ミゲル・アンヘル・ヒル・マリン(ヒル前会長の息子)と共にアトレティコのホームスタジアムであるエスタディオ・ビセンテ・カルデロン売却を推進し、サポーターのアイドルであったフェルナンド・トーレスを売却する(2007年)など、サポーターの抗議活動にもあっている[1]

他の言語で