エンペラー (バンド)

エンペラー
Emperor
Emperor - 2017216222950 2017-08-04 Wacken - Sven - 1D X MK II - 1011 - B70I0483.jpg
ドイツ・ヴァッケン公演 (2017年8月)
基本情報
出身地 ノルウェー
テレマルク県 ノトデン
ジャンルブラックメタル[1]
シンフォニックブラックメタル
プログレッシブ・メタル(後期)[1]
活動期間1991年 - 2001年
2005年 - 2007年
2013年 - 現在
レーベルキャンドルライト・レコード
センチュリー・メディア・レコード
ニュークリア・ブラスト
公式サイトemperorhorde.com
メンバーイーサーン (ボーカル/ギター)
サモス (ギター)
タリム (ドラムス)
旧メンバーモルティス (ベース)
ファウスト (ドラムス)
ツォート (ベース)
アルヴァ (ベース)

エンペラー (Emperor) は、ノルウェー出身のブラックメタルバンド

ブラックメタル系ミュージシャンの犯罪が問題だった1990年代の同国において、3人のメンバーが逮捕された経緯を持つ(インナーサークル)。一度解散したが2005年から再開し、断続的に活動。

略歴

1988年、当時13歳だったイーサーンが、(ロックの)音楽スクールでサモスと出会いバンドをはじめる。バンド名は次々変わり1991年、最終的にバンド名はThou Shalt Sufferとなる。しかしサモスはメイヘムユーロニモスに影響を受けこのバンドを解体する。また彼はこの頃から、自身がドラムを務めるバンドに向けて曲を書き始め、新たにベースのモルティスを加えてイーサーンと共にバンドエンペラー (Emperor)が結成される。

1992年、EP『Call From the Grave』、『Wrath of the Tyrant』を録音し、キャンドルライト・レコードと契約。その後、サモスは自分に合ったギターへとポジションを変え、ファウストが新たなドラマーとして加入する。またモルティスが脱退し、代わってツォートが加入。1993年、EP『Emperor』、エンスレイヴドとのスプリットアルバム『Hordanes Land』をリリースし、さらにアルバムの録音に移るが、バーズムヴァルグ・ヴィーケネスの逮捕に端を発する「インナーサークル」のメンバーの相次ぐ逮捕により、サモス、ファウスト、ツォートらも懲役刑を科せられ、一時期はイーサーンが唯一のメンバーとなってしまう。1994年、EP『As the Shadows Rise』、1stアルバム『In the Nightside Eclipse』をリリース。このアルバムで彼等は大きな賞賛を得、多くのファンを獲得する。1995年、しばらくは活動の休止を余儀なくさせられていたが、出所したサモスと、元エンスレイヴドのタリムをドラムに、アルヴァをベースに迎え、活動を再開。

1997年、EP『Reverence』、2ndアルバム『Anthems to the Welkin at Dusk』をリリース。前作よりもずっとプログレッシブさを強めたこの作品は、世界中のメタル雑誌において「アルバム・オブ・ザ・イヤー(Album of the Year)」投票で勝利を勝ち取った[要出典]。その後すぐにアルヴァが脱退した事で、以後はイーサーンがベースも兼任するようになる。この頃からイーサーンはより芸術的でプログレッシブな音楽性を求め、彼の妻であるIhrielと共にPeccatumというバンドを、サモスとタリムはデスメタルの方向へ転換し、ザイクロンを結成し活動を開始する。1999年、3rdアルバム『IX Equilibrium』をリリース。2001年、イーサーンによって4thアルバム『Prometheus: The Discipline of Fire and Demise』をリリース後バンドを解散することが決定された。2003年、彼等のベストアルバムにあたる『Scattered Ashes: A Decade of Emperial Wrath』がリリースされる。

USA.シカゴ公演 (2007年5月)

2005年9月30日オスロのコンサートホール「Rockefeller」にて、わずか数人しか事情を知らされなかった極秘のサプライズライブ出演によって、解散時のメンバーのまま再結成を果たす(この時演奏したのは3曲のみであった)。以後アメリカやヨーロッパでコンサートツアーを行ったほか、ヴァッケン・オープン・エアなどのフェスティバルにも出演をしている(アメリカでのライブは、サモスが放火・暴行の罪で捕まっていた為彼が出演することが出来ず、そこではサモスがいない状態でライブを行なった。

2013年8月2日2014年のヴァッケン・オープン・エアのヘッドライナーとして再始動することが決定。この再結成について、タリムは参加せず元メンバーのファウストが参加することになった[2]2014年7月、バンド初の来日公演。ファウストに対しビザが下りなかったため、日本公演のみタリムが参加した。17日に東京、18に大阪にてライブが行われたが、大阪ではサモスが急病の為、彼がいない状態でのライブとなった。

他の言語で
български: Emperor
বাংলা: এম্পারর
brezhoneg: Emperor
català: Emperor
Cymraeg: Emperor
dansk: Emperor
español: Emperor
eesti: Emperor
français: Emperor
hrvatski: Emperor
magyar: Emperor
Հայերեն: Emperor
Bahasa Indonesia: Emperor
íslenska: Emperor
한국어: 엠퍼러
Nederlands: Emperor (band)
norsk: Emperor
polski: Emperor
português: Emperor
română: Emperor
русский: Emperor
slovenčina: Emperor (Nórsko)
svenska: Emperor
українська: Emperor