エレクトロン貨

紀元前6世紀頃に発行されたエレクトロン貨

エレクトロン貨(エレクトロンか、Electrum)は、紀元前670年頃にアナトリア半島リュディアで発明された、世界最古の鋳造貨幣(硬貨)である。打印貨幣、打刻貨幣、計数打刻貨幣に分類される。

概要

エレクトロン(elektron )とはギリシャ語で琥珀を意味し、金銀合金はその淡黄色が琥珀を連想させるものであることから、琥珀金すなわち エレクトラム(electrum )と呼ばれた。

エレクトロン貨は ギュゲス英語版の時代~紀元前7世紀の終わり頃に発明された。紀元前600年頃には、アリュアッテス2世により、品質が保証された貨幣が発行された。

リュディアのエレクトロン貨はバクトーロス(長母音を省略すると「パクトロス」)川の河床から得られた砂金、即ち自然金(自然金は数%から数十%の銀を含む自然合金およびは化学的性質および原子半径が類似し、互いに親和力が強く、完全固溶体を形成し自然界では共存することが多い)の塊の片面に、動物(アリュアッテス2世の象徴であるライオンの紋章など)や重量(単位はスタテル)などの極印(品質の保証、偽造の防止などのために打つ印)を刻印したものである。

最初は砂金をそのまま秤量貨幣として使用していたが、やがて計量の手間を省くため、溶かして(鋳造)塊として、重量を均一にした硬貨(コイン)にしたという。発想としては地金に似ている。よって重量=貨幣の価値であった。重量の異なる複数の種類の硬貨が発行された。当時の硬貨(コイン)は、まだ薄い円盤状ではなく、江戸時代の日本の豆板銀のように、厚く平たい塊であった。

リュディアで硬貨(コイン)が発明されたのは偶然ではなく、首都サルディスは、ミダースの故事でも有名な、砂金を豊富に産出するパクトーロス河畔に位置し、エーゲ海メソポタミアペルシアの間の東西交易路の要衝にあり、取引の円滑化の為に、硬貨(コイン)を生み出す必然があったといえる。

紀元前6世紀の中頃、アリュアッテス2世の息子、クロイソスは通貨改革を行い、それまでのエレクトロン貨を廃し、金貨銀貨から成る通貨制度を世界で初めて導入したとされる。ヘロドトスは「歴史」において、リュディア人のことを、「我々の知る限りでは、金銀の貨幣を鋳造して使用した最初の人々であり、また最初の小売り商人でもあった。」と記述している。

この硬貨(コイン)というアイディアはギリシアローマに広まり、ペルシアや西北インドなど、西アジア世界にも広まった。アケメネス朝のダレイコス金貨や、アテナイドラクマ銀貨が有名である。

中国大陸では、戦国時代(紀元前5~3世紀頃)頃から、「円銭・環銭」という、中央に穴(円孔・方孔)の開いた円盤状の、青銅製の鋳造貨幣が、などの、当時の中華世界の西部地域で使われるようになる。

他の言語で
العربية: إلكتروم
беларуская: Электрум
català: Electre
čeština: Elektrum
English: Electrum
Esperanto: Elektrumo
فارسی: الکتروم
suomi: Elektrum
français: Électrum
Gaeilge: Leictream
עברית: אלקטרום
hrvatski: Elektrum
magyar: Elektrum
italiano: Elettro
ქართული: ელექტრუმი
қазақша: Электрум
한국어: 호박금
lietuvių: Elektrumas
Nederlands: Elektrum
norsk nynorsk: Gyldisk sølv
norsk: Elektrum
occitan: Electrum
polski: Elektrum
português: Eletro
română: Electrum
русский: Электрум
српски / srpski: Elektrum
svenska: Elektrum
Türkçe: Elektrum
українська: Електрум
Tiếng Việt: Electrum
中文: 琥珀金
粵語: 琥珀金